【Swallows】終盤粘って逆転勝利!

試合結果

04月05日(金) 対Dragons 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Dragons 0 3 2 0 1 0 1 0 0 7 13 0
Swallows 0 3 0 0 3 0 0 2 X 8 11 1
勝投手 五十嵐 (1勝0敗)
敗投手 祖父江 (1勝2敗)
セーブ 石山 (1勝1敗3S)
Dragons 阿部1号(3ラン) (2回:小川)
Dragons ビシエド2号(2ラン) (3回:小川)
Dragons 高橋1号(ソロ) (5回:小川)
Swallows バレンティン1号(ソロ) (5回:又吉)
Swallows 西浦1号(ソロ) (5回:又吉)

【試合感想】

Swallows先発は小川泰弘、Dragons先発は笠原祥太郎と、開幕投手同士の投げ合い。しかし、両先発ともピリッとしない。

まず2回表、Dragonsは福田永将、高橋周平の連続ヒットでノーアウト1、3塁のチャンスを作ると、続くプロ4年目の阿部寿樹がセンター方向への3ランホームランで3点を先制。

その裏Swallowsは西浦直亨が四球で歩き、村上宗隆がセンター前ヒットでノーアウト1、2塁とすると、続く中村悠平がレフトへのタイムリーツーベースヒットで1点を返す。さらにノーアウト2、3塁で小川が自らセンターへタイムリーツーベースを放ち2点目。トップに返って荒木貴裕が四球を選び満塁とすると、青木宣親がセンターへの犠牲フライを放ち3-3の同点に追いつく。

しかし3回表、Dragonsは大島洋平のセンター前ヒットのあと、4番・ビシエドがセンターへの勝ち越し2ランホームランで3-5とする。さらに5回表には高橋がライトスタンドへ運ぶソロホームランで3-6とリードを3点に広げる。

しかし、4回裏から登板した又吉克樹もピリッとしない。5回裏、先頭打者の4番・バレンティンにライトスタンドへソロホームランを打たれると、1アウトから西浦がレフトスタンドへソロホームランを放ち5-6と1点差に迫る。さらに2アウト1塁として小川の代打・太田賢吾がセンターへの同点タイムリーツーベースヒットを放ち、Fightersからの移籍後初打席で結果を出す。

6回表からSwallowsはハフが登板、キャッチャーも中村悠平から松本直樹に交代。7回表に先頭の京田陽太にショートへの内野安打を打たれ、続く大島に送りバントを決められたところで今季からの新戦力・マクガフにスイッチ。しかし、1アウト2塁からビシエドにライト前に運ばれ、6-7と勝ち越しを許してしまう。

これで終わらないのがこのカードの昨年からの特徴。8回裏、2アウト満塁から西浦がセンターへの2点タイムリーヒットを放ち逆転に成功!今日の西浦は3打数2安打3打点と活躍。

9回表は五十嵐亮太に代わって守護神・石山泰稚が登板。だが、1アウト後に内野安打とレフト前ヒット、盗塁で1アウト2、3塁のピンチ。しかしここは守護神が気迫のピッチング。ビシエドを空振り三振、福田をセンターフライに打ち取りゲームセット。8-7でSwallowsが逆転勝利した。

Swallowsはようやく打線に繋がりが出てきたのか、今季初の2桁安打(11安打)を記録。バレンティンにも一発が出た。青木が少しお疲れのようなので、西浦など下位打線が打ってくれると相手にも脅威だと思われる。

先発が2日続けて打たれてしまったが、今日は打線がカバーしてくれた。また、五十嵐が相手の流れをキッチリと三者凡退で止めてくれたので、梅野雄吾、近藤一樹を休ませられたのは大きい。最後、石山はピンチを作ったが、守護神は結果的に相手に点を与えなければ良いので、まあ良しとする。心臓に悪いけど・・・。

明日も神宮でDragonsとの2回戦。石川雅規と山井大介のベテラン同士の投げ合いとなるが、果たしてどうなるか。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link