【Swallows】終盤に投手乱調、連勝ストップ

試合結果

04月04日(木) 対BayStars 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 2 1 1 0 0 0 5 1 0 10 12 0
Swallows 1 2 1 0 0 0 1 0 0 5 7 1
勝投手 砂田 (1勝0敗)
敗投手 梅野 (0勝1敗)
Swallows 村上1号(2ラン) (2回:大貫)
BayStars 宮崎1号(ソロ) (3回:寺原)
BayStars ソト2号(ソロ) (7回:梅野)
BayStars 佐野1号(満塁) (7回:梅野)
Swallows 山田1号(ソロ) (7回:三嶋)
BayStars ソト1号(ソロ) (8回:大下)

【試合感想】

Swallows先発は移籍後初登板の寺原隼人、BayStars先発はルーキーの大貫晋一。ベテランVS新人の対決。

だが、初回から乱打戦の様相を呈する。初回、BayStarsは西浦直亨のフィルダースチョイスをきっかけに2本のタイムリーで2点を先制する。その裏Swallowsは四球で歩いた山田哲人が盗塁で2アウト2塁となったところでバレンティンのレフト前タイムリーで1点を返す。

2回表は大和が四球で歩き盗塁。大貫が送りバントをしっかりと決めて1アウト3塁。ここでトップバッターの神里がセンター前タイムリーで3点目。その裏Swallowsは西浦がフェンス直撃の2ベースヒットのあと、2年目の村上宗隆がレフトスタンドへ叩き込む同点2ランホームラン。

3回表には宮崎敏郎がレフトスタンドにソロホームランを叩き込み1点勝ち越すと、その裏Swallowsは1アウト1、2塁から雄平がセンターへのタイムリーツーベースヒットで1点を返しまたも同点に。

4回以降、両軍ピッチャーと次々と投入し何とか抑えながら終盤へ。しかし7回表、Swallowsの4人目のピッチャー・梅野雄吾を攻め、まずソトがソロホームランで勝ち越し。その後2アウト満塁の場面で代打・佐野恵太がバックスクリーンへ叩き込む満塁ホームラン。これで4-9とする。

その裏、Swallowsも山田哲人がバックスクリーンにソロホームランを放ち1点を返すが、8回表にまたしてもソトがレフトスタンドにソロホームランを放ち、5-10と勝負あり。8回、9回はエスコバーが危なげなく締めて試合終了。

神宮名物の乱打戦はBayStarsが制した。先発の谷間とも言える試合なので、荒れた試合になる事は予想できたが、梅野の乱調が痛かった。中村悠平も配球どころではなさそうではあった。が、終盤7回に来ての5失点は選手の戦意を喪失させるには十分だ。とはいえ、今日の試合は勝ちを意識していたのは、梅野投入がその表れだろう。今回は期待に応えられなかったが、首脳陣からの期待があの場面での登板なので、むしろ今日の事は忘れて自信を持って投げれば良いと思う。逆に考えれば、この展開になったおかげで近藤一樹、石山泰稚を休ませられたので良しとしたい。個人的には、一時的に梅野の位置に五十嵐亮太を持ってきても良いと思う。

打線は少しずつ上向いてきているが、何と言っても若き大砲・村上に一発が出たことが大きい。これを機に、打撃が上向いてくれば、守備の方も自信が出てくるであろう。終盤の守備固めは大引がいるので、堂々とプレーすれば良いと思う。また、山田に一発と盗塁が出たので、今年もトリプルスリーを狙っているのかな、と思えた。三冠王を目指してもらいたいが、本人は長距離打者では無いので、やはりトリプルスリーが目標になるのかなと思う。

今日は終盤崩れてしまったが、明日からは気を取り直して、また貯金を作って重ねていって欲しい。春先はいつも借金生活なので・・・(苦笑)。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link