【NEWS】TikTok、子供たちのプライバシー侵害をめぐりFTCと和解

TikTokとは?

TikTokとは、音楽に自分の動き(ダンスなど)を合わせてシンクロさせ、ネット上に投稿して閲覧してもらう中国製のアプリだ。特に若者に人気があり、世界中で爆発的にヒットを生んでいる。

今回の問題は?

これまで、このアプリの使用に間して年齢制限が掛けられてこなかったため、FTC(米連邦取引委員会)から「子供達の個人情報を違法に収集した」として訴えられ、570万ドル(6億3,000万円)の罰金を支払って和解した、と言うもの。

年齢制限については、13歳未満の児童は保護者の同意を得ずしてその個人情報を収集してはならない、という児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)があるが、これに違反した、というわけだ。

今後の展開

TikTokの運営側はこの和解に従い、13歳未満の児童の投稿を全て削除するほか、13歳未満の児童がアプリを使用する際に保護者の同意を得るステップを取り入れるか、13歳未満の児童の使用を禁じるかの対策を取ることになるだろう。

増える中国製動画投稿アプリと個人情報の行方

この他、17LiveやUpLiveというアプリがある。これらも中国製だ。こちらは生配信するためのアプリで、視聴者がポイントを貯め、それを【ギフト】に変換し配信者に贈ると、いくらかが配信者に分配される。これらは日本や欧米の同様のサービスと同様、個人情報を収集している。問題は個人情報が中国に渡ることだが、若い子はあまり気にしていないのか気軽にこれらのアプリを使いこなしている。

動画配信と言えばGoogleのYouTubeという巨人がいるわけだが、それよりも手軽で気軽に動画を作りすぐにネットにアップできるというのが人気の秘訣だ。多くの配信者は自分の顔を気軽に出してネット上に晒しており、その時点で個人情報も何もあったものでは無いが、ネットリテラシー的には公開範囲を限定する、自分の顔が分からないようにするなど、ある程度自分のプライバシーを守らないと、危ういのではないかと感じる次第である。


トレンドニュースランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link