【Swallows】 「因縁の対決」は完敗。エース石川5回途中7失点。(5/4)

5月4日(木) 対Tigers 6回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 0 1 1 5 0 0 0 0 7 15 0
Swallows 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 1

勝:藤浪(Tigers)3勝1敗
負:石川(Swallows)2勝3敗
本:梅野1号①(Tigers)、中谷2号①(Tigers)、福留3号②(Tigers)

ヤクルト “荒れ球”藤浪にやられた…真中監督「見極めないと」

「ヤクルト1-7阪神」(4日、神宮球場)

ヤクルト打線は藤浪の荒れ球に苦しんだ。前回4月4日の対戦では畠山が死球を受け、乱闘騒ぎになった。この日は7四球を選んで好機は築いたものの、なかなか得点には結び付けられなかった。

ヤクルト “荒れ球”藤浪にやられた…真中監督「見極めないと」(デイリースポーツ online)

試合概要

Swallowsは石川、Tigersは藤浪が先発。

先日は、藤浪の畠山への死球で荒れた【因縁の対決】であるが果たしてどうなったか。

初回、石川は2アウト1、3塁のピンチを招くもこれをしのぐと、その裏は藤浪も2アウト満塁のピンチをしのぎ、両軍とも無得点に終わる。

3回表、先頭の中谷がライトフェンス直撃のツーベースで出塁。2アウトを取るも、1アウト3塁から福留のセンター前タイムリーヒットでTigersが先制する。

4回表には2アウトから梅野に今季第1号のソロホームランを浴びて2点目を献上。

5回表、先頭打者の中谷にレフトスタンドへホームランを浴び、これが口火となって、1アウト後に糸井がヒットで出塁すると、福留がライトスタンドへの2ランホームラン。さらに2アウトから北條、鳥谷の連続ヒットで1、3塁とすると、梅野がライト前タイムリーで1点、さらにピッチャー・藤浪がセンター前へタイムリーを放ち、この回一挙5失点。0-7となる。ここで石川からギルメットに交代。石川は4回2/3で7失点と、不甲斐ない投球に終わる。

2回から4回まで三者凡退に抑えられていたSwallows打線は、5回裏に1アウト2、3塁から、坂口のショートゴロの間に1点を挙げるのが精一杯。

8回裏に、四球2つと内野安打で1アウト満塁のチャンスを作るも、代打・鵜久森が見逃し三振、中村ショートゴロでチャンスを活かせず。

そのまま9回裏に藤川が登板し、先頭の谷内が四球で出塁するも、大松、坂口、大引と簡単に抑えられてゲームセット。1-7で完敗。

Benjaminの目

とにかく、先発・石川がピリッとせず、5回までに7失点では今のSwallowsにこれをひっくり返せるだけの攻撃力がないので、この時点でだいぶ戦意を喪失していたのではないか。打線も淡泊で、つながりが感じられず、1点を取るのがやっとという感じ。

確かに、藤浪の球は普段から荒れていて絞りにくいのだが、荒れているだけに失投も多い。これをきちんと打てなければ、藤浪の攻略は今のSwallowsには難しいであろう。

石川の後をギルメット→近藤→山本とつないだが、特に近藤一樹は2回を被安打1、奪三振3の無失点で抑えたのは好印象。山本哲哉は無駄な四球がなければほぼ合格点だった。

雄平が4打数4安打と一人気を吐いたが、雄平の前にランナーがおらず、単発に終わったのがもったいない。かといって大幅な打線の組み替えは禁物。黙って復調を待つより他は無い。

スポンサーリンク
Sponsored Link