【燕】守護神、痛恨の被弾!石川またしても勝利お預け

試合結果

06月26日(金) 対Giants 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 1 0 0 0 0 1 2 2 6 13 0
Swallows 0 0 0 0 0 5 0 0 0 5 7 0
勝投手 澤村拓一 (1勝0敗)
敗投手 石山泰稚 (0勝1敗)
セーブ デラロサ (0勝0敗3S)
Giants 陽岱鋼1号(ソロ) (2回:石川)
Swallows 山田哲人3号(2ラン) (6回:菅野)
Giants 重信慎之介1号(2ラン) (9回:石山)

【試合概要】

Swallows先発は開幕戦に続き石川雅規。
Giants先発も開幕戦に続いて菅野智之。
両エースの投げ合いとなったこの試合。

まず2回表、Giantsは陽岱鋼の第1号ソロ本塁打で先制。
石川が手痛い一発を浴び、先制点を許してしまう。

対するSwallowsは菅野の前にヒットは出るものの
打線が続かず5回まで得点できず。

しかし6回裏、この回先頭の坂口智隆が中前安打で出塁すると
続く山田哲人がフルカウントからの148km/hストレートを
バックスクリーン左に運ぶ逆転の2点本塁打。
その後も山崎晃大朗の右前適時打、
嶋基宏の2点適時打でこの回一挙5得点。
ここでGiants先発・菅野をマウンドから引きずり下ろした。

ここで勝ちパターンと行きたいところだったが、
梅野雄吾が1失点、マクガフが2失点とピリッとしない。
8回2死から守護神・石山泰稚を投入し、何とか1点差でしのぐ。

だが9回表、その石山が1アウト1塁から代打・重信慎之介に
変化球を右翼席へ運ばれ逆転を許す。
またしても石川の勝ち星が消える痛恨の一打となった。

9回裏はGiantsの抑え・デラロサの前に
二死から四球の走者を出すのがやっと。
最後は山田が左飛に打ち取られ試合終了。

中継ぎの出来の差が勝敗の差を分けた試合となった。
特に梅野、マクガフはこの状態では勝ち試合で使えないので
しばらくは他の投手でやり繰りするしか無いだろう

観戦した皆さま、お疲れ様でした。

【明日の予定】

Swallows vs Giants 2回戦
明治神宮野球場 14:00試合開始

【予告先発】

Swallows 石山泰稚
Giants 澤村拓一


東京ヤクルトスワローズランキング

 
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link