【Swallows】 Swallows、連敗ストップ。これがエースだ!

4月21日(金) 対Carp 4回戦(神宮球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 6
Swallows 0 1 0 1 1 0 0 0 X 3 6 0

勝:石川(Swallows)2勝1敗
負:加藤(Carp)1勝2敗
S:秋吉(Swallows)2敗2S
本:鈴木2号①(Carp)、荒木1号①(Swallows)

試合概要

Swallows先発は石川、Carp先発は加藤拓也。

試合が動いたのは2回裏。先頭の雄平がツーベースヒットで出塁すると、この日6番・ファーストに入った西田が先制のタイムリーヒット!Swallowsが久々に先制する。

3回は両軍とも三者凡退に終わったが、4回裏、ツーアウトから西田、中村が連続四球でツーアウト1、2塁とすると、8番・大引がセンター前へタイムリーヒット!これで2-0。

5回の表に石川はこの回先頭の鈴木誠也にソロホームランを浴びたが、後続をキッチリ締めると、5回裏、今度は2番・荒木がセンターへ今季1号のソロホームランで3点目。

石川は7回被安打6、8奪三振自責点1と、エースとして十分なピッチングを披露し、8回は石山が三者連続三振に切ってとると、最後は秋吉がツーアウトから新井にヒットを打たれるも、続く鈴木誠也をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット!首位広島から貴重な勝利。そして、僅かではあるが最下位を脱出した。

Benjaminの目

この試合はやはり、先発・石川の好投に尽きる。基本的には丁寧にコーナーを突いて、打たせて取るピッチングが身上だが、この日はシンカーのキレが良く、広島打線のバットが空を切っていた。

打線はまだ低調ではあるが、この日は少ないチャンスをキッチリものにできたことが勝因であろう。まだ借金が5もあるので、これを一つずつ返して上位に浮上してもらいたい。

チーム防御率が2.89と、セ・リーグでトップ。先発も良く投げているが、特に石山→秋吉のリレーは相手を諦観させる雰囲気が出てきた。なんとか、調子の良い投手陣が踏ん張って、接戦をものにしていってもらいたい。

スポンサーリンク
Sponsored Link