【Swallows】 山中の粘投も後半台無しに・・・(5/3)

5月3日(水) 対Tigers 5回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 0 0 0 0 2 0 3 3 8 13 1
Swallows 0 1 0 0 0 0 0 3 0 4 8 1

勝:岩貞(Tigers)2勝1敗
負:山中(Swallows)3敗

試合概要

Swallows山中、Tigers岩貞の先発で始まったこの試合。

まず1回裏、2アウト満塁から中村が押し出しの四球を選び1点を先制。しかし、後が続かず1点止まり。

その後、両投手共にピンチを迎えるもここ一番できっちり抑えて、1-0のまま6回の表に入る。先頭の荒木がレフト前ヒットで出塁。これをバレンティンがファンブルし、2塁に進塁。続く上本の送りバントを山中かがフィルダースチョイスでノーアウト1、3塁のピンチ。糸井がファーストへの内野安打を放ち、この間に荒木が帰って同点に。2アウト後、鳥谷にタイムリーを打たれ、1-2と逆転される。

7回表に山中からルーキに交代。ルーキはこのところ調子が良いのか、三者凡退で相手の攻撃を断つ。

8回表にギルメットに交代。しかし、四球と安打で1アウト1、3塁のピンチを招くと、鳥谷のファーストゴロがフィルダースチョイスとなり、Tigersがさらに1点を追加。糸原をストレートの四球で歩かせ、2アウトは取ったものの代打・中谷にレフトへの2点タイムリーヒットを打たれ、1-5とされる。

その裏、大引、山田の連続ヒットで1、2塁とするも、後が続かず2アウト1、3塁。ここで中村が死球を受け満塁。ここで荒木に代え代打・大松が押し出しの四球で1点を返す。そして捕手・岡崎のパスボールでさらに1点追加したところで、谷内のピッチャーゴロをマテオがファンブルし、さらに1点追加。4-5と追い上げる。

9回表はギルメットから原樹里へ。大和が内野安打で出塁するも、続く江越はスリーバント失敗で1アウト1塁。だが、続く福留がセンターへのツーベースヒットで1点追加。マテオの代打・北条にもレフトへタイムリーが飛び出し、さらに1点。これで4-7。鳥谷がヒットでつなぐと、糸原がレフトへタイムリーツーベースで4-8に。

9回裏は守護神・ドリスがマウンドへ。ノーアウト1、2塁から山田がゲッツー、バレンティン見逃し三振でゲームセット。4-8。

Benjaminの目

山中は好投するも、打線の援護なく3敗目。ただ、6回あたりでつかまることが多いので、あと1回粘りきれば今季初勝利も見えてくると思われる。ルーキはだんだん調子を上げてきているので、勝ちパターン入りも間近だ。逆にギルメットは競った試合などでは今のところ使えない。勝負所で甘い球を簡単に弾き返されている。また、原樹里は先日、先発で好投したのにまたセットアッパーに逆戻りされている。何かあったのだろうか。

打線については、以前よりはヒットも出ているし、タイムリーも出ている。ただ、残塁も多く、ゲッツーも多い。足を使ってないのが如実にデータで出ているので(リーグ最下位)、積極的な走塁が臨まれる。また、久しぶりに山田がマルチヒット。だが、チャンスをゲッツーで潰すなど、まだ本調子ではない。もう少し時間がかかりそう。あと、バレンティンの守備がだいぶお粗末なので、ここは何とかして欲しいところ。余り有る打撃での貢献があれば別なのだが・・・。

スポンサーリンク
Sponsored Link