【Swallows】 ついに連敗ストップ!!ブキャナンの好投報われる!(6/11:vs Marines)

6月11日(日) 対Marines 3回戦(千葉・ZOZOマリンスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 7 0 1 0 0 0 0 1 0 9 12 2
Marines 0 0 0 0 0 0 2 4 0 6 8 0

勝:ブキャナン(Swallows)3勝4敗
負:佐々木(Marines)2勝6敗

試合概要

Marines先発はドラフト1位ルーキーの佐々木千隼。対す売るSwallowsは、好投しながら勝ち星に恵まれない新外国人・ブキャナン。
散々、打てない打てないと嘆いていたSwallows打線が、いきなり初回に爆発した。まず、先頭の坂口がセンターオーバーの3塁打を放つと、2番・上田もタイムリースリーベースヒットを放ちまず1点を先制。3番・山田もセンターへのタイムリーツーベースヒットを放ち2点目。この日の4番・大松はファーストゴロに倒れるが、雄平、グリーンと連続四球で1アウト満塁。いつもならここで後続が断たれて得点にならないケースが多かったが、大引がピッチャー返しの内野安打でさらに1点追加。中村もセンター前タイムリーで4点目が入る。藤井は見逃し三振で2アウトとなったが、打者一巡でトップに返って坂口が押出しの四球を選び5点目。続く上田は満塁からセンター前へ2点タイムリーヒットを放つ。山田が空振り三振に倒れるも、初回に一挙7得点。この日は連敗もストップさせる久しぶりの楽勝ペースだと思われた。

ブキャナンは1回裏、サントス、荻野の連続ヒットでノーアウト1、2塁のピンチを招くが、角中をセカンドライナーに打ち取り、サントスが飛び出していたためダブルプレーで2アウト1塁に。その後、パラデスを空振り三振に打ち取り、無失点で切り抜ける。

3回表、Swallowsは2アウトから藤井がライトへのポテンヒットで出塁する。すかさず盗塁も決め、2アウトランナー2塁から、トップの坂口がタイムリーヒットを放ち8点目が入る。

先発ブキャナンは2回以降、Marines打線を完璧に抑えており、このまま楽勝かと思われた。しかし、7回裏に角中、パラデスと当たりは良くないもののヒットで出塁され、ノーアウト1、3塁のピンチを招くと、鈴木が犠牲フライを放ち1点を返される。1アウト1塁でダフィーはライト前ヒット。しかし、雄平の返球が悪送球となり、パラデスがホームに帰還。しかし、香月の代打・井口、三木の代打・根元をともにセカンドゴロに打ち取り、2失点で留める。

8回表、先頭の中村がヒットで出塁。藤井の代打・谷内もセンターへ弾き返し、坂口は四球を選びノーアウト満塁のチャンス。ここで2番・上田が犠牲フライを放ち、ついに9点目が入る。しかし、山田、7回裏からファーストの守備についた荒木が連続三振に倒れ、追加点は1点止まり。

しかし、2-9と7点のリードがあるので安心していたのも束の間。8回裏、ブキャナンに代わってルーキがマウンドへ。また、代打の谷内がサードの守備につく。7回からキャッチャーの守備についた吉田が四球を選び出塁。そして同じく7回からセンターの守備についた伊志嶺も四球を選ぶ。さらに荻野にも四球で出塁され、3四球でノーアウト満塁のピンチを招く。ここで角中がまずライト前タイムリーヒットで1点を返される。そして、パラデスのセカンドゴロの間にさらに1点追加される。ここでルーキに代わり久古がマウンドへ。左打者の鈴木を見逃し三振に打ち取り2アウト。ここで、久古に代わり早くも秋吉をマウンドへ。しかし、ダフィーに2アウト1、3塁からレフト前へタイムリーヒットを打たれ、5-9となる。さらに8回からショートの守備についた大嶺翔にもレフト前タイムリーヒットを打たれ、6-9と3点差に迫られ、楽勝ムードは消滅する。

しかし、9回裏の秋吉は吉田を空振り三振、伊志嶺をファーストゴロ、荻野をセンターフライと3人で打ち取りゲームセット。終盤はヒヤヒヤしたものの、初回の7得点が効いて6-9と3点差で何とか逃げ切り、勝利した。連敗をようやく10でストップさせ、交流戦初勝利を飾った。

Benjaminの目

何と言っても初回の7得点に尽きる。点を取れば勝てるんだという証明のような試合だった。特に、初回で2安打、8回に犠牲フライで4打点を挙げた2番の上田はとてもよく頑張ってくれた。昨年までのような守備でのポカミスがなければ充分に戦力になっている。また、運が悪く打点は挙げられなかったが、チャンスメイクをしていた5番・雄平は好調が続いている。

また、ブキャナンは7回に2失点したが、2回から6回までは、自身のエラーによる出塁1回のみで、他はパーフェクトに押さえていた。先発としての責務を十二分に果たし、ようやく3勝目をあげることができた。しかし、続くリリーフ陣、特にルーキが誤算。1アウトも取れずに四球を3連発していては野球にならない。頭に血が上りやすい正確のため、きわどいボールでストライクをもらえないと肩に力が入りコントロールが悪くなるクセが出た。その為、準備が不十分な秋吉を変なタイミングで入れることとなり、余計な失点をしてしまったことは反省材料。あそこは他の投手でも良かったのでは無いかと、結果的には思う。

がしかし、何と言っても10連敗でストップしたことは何よりも嬉しい。そして、ようやく交流戦で初勝利。観戦しに球場に行きたいなと、今年初めて思った試合であった。(笑)

スポンサーリンク
Sponsored Link