【Swallows】菅野を4回途中でKO!今季最多18安打で快勝!!

試合結果

04月25日(木) 対Giants 6回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 8 1
Swallows 0 0 5 2 1 0 3 0 X 11 18 0
勝投手 スアレス (1勝0敗)
敗投手 菅野 (3勝2敗)
Swallows 青木4号(2ラン) (3回:菅野)
Swallows 山田5号(ソロ) (3回:菅野)
Swallows バレンティン5号(ソロ) (3回:菅野)
Swallows 山田6号(2ラン) (7回:桜井)
Swallows バレンティン6号(ソロ) (7回:桜井)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Giants 6回戦(明治神宮野球場)

Swallows先発は来日初登板のスアレス。Giants先発は不動のエース・菅野智之。Swallowsの天敵とも言える相手にどう挑むのか。

1回、2回は両軍共にチャンスは作ったが得点ならず。

試合が動いたのは3回裏。Swallowsはこの回先頭の川端慎吾がヒットで出塁。すると続く青木宣親が菅野のスライダーを完璧に捉えライトスタンドへ先制の2ランホームランを放つ。さらに続く山田哲人がやはりスライダーを狙い打ち、レフトスタンド中段へ運ぶソロホームラン。そしてバレンティンが菅野のシュートをこれまたレフトスタンド中段へ運ぶ3者連続となるソロホームランを放ち、4点を先制。さらに雄平がヒットで出塁すると太田賢吾が送りバントで1アウト2塁。そして村上宗隆がレフト前タイムリーヒットを放ち、この回一挙5点を先取。苦手・菅野を相手に猛攻を浴びせた。

さらに4回裏、1アウトから青木、山田の連続ヒットで1アウト1、2塁とするとバレンティンがレフト前タイムリーヒットで1点を追加。6-0として、菅野をマウンドから引きずり下ろす。続いてマウンドに上がったのは高木京介。しかし雄平にヒットを浴び1アウト満塁とすると、太田賢吾はセンターへの犠牲フライを放ち、この回2点目。7-0とする。

5回裏、スアレス三振のあと、川端、青木、山田と3者連続四球で満塁とすると、バレンティンがセンターへの犠牲フライを放ち8点目。しかし、雄平は空振り三振に倒れこの回は1点止まり。

7回裏、2アウトから青木がヒットで出塁すると、山田がこの回からマウンドに上がった桜井俊貴からセンターバックスクリーン左へ2ランホームランを放り込み、ついに2桁得点10-0とする。さらに続くバレンティンが内角低めのストレートをレフトスタンド中段に運び込む2者連続となるソロホームランで11-0。

8回表、Giantsは2アウト2塁から岡本がレフトへのタイムリーヒットを放ち、1点を返す。

さらに9回表、先頭の中島裕之がレフトへの2塁打で出塁。続く山本泰寛は四球を選び、大城卓三がレフト前ヒットでノーアウト満塁のチャンス。ここで石川慎吾のダブルプレーの間に3塁ランナーが還り11-2。最後は田中俊太を空振り三振に斬って取り、Swallowsがここ2日間の鬱憤を晴らすかの様な大勝で首位争いに留まった。

————

初登板・初先発のスアレスは、丁寧にコントロールをついて打たせて取るピッチングで、6回を零封。被安打3、奪三振4、与四球1と充分な出来だった。スタミナがつけば、7回あるいは8回くらいは投げてくれそうなピッチングだった。

何と言っても今日は打線が良かった。調子の良くない菅野の失投を見逃さず、3回は3者連続ホームランを浴びせるなど、菅野を4回途中7失点でマウンドから引きずり下ろすことに成功。苦手意識が払拭できれば良いのだが。また、7回にも山田・バレンティンの2者連続ホームランなど、今季最多の18安打を放ち、ここ2試合なりを潜めていた打線が復活。

この状態を続けて、7連勝中のCarp戦に挑みたい。開幕直後は調子が悪かったが、さすがに昨年の覇者。ここに来て調子を上げてきて『鯉のぼり』を目指しているので、そこを何とか叩き、上位戦線に踏ん張りたいところ。明日、1日しっかりと休養して、投手陣は疲労が溜まってきているので、何とか元気よく打ち勝ってもらいたい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link