【Swallows】新人・高橋にしてやられ、今季初3連敗

試合結果

04月24日(水) 対Giants 5回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 5 0 0 0 2 0 0 0 7 10 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 8 1
勝投手 高橋 (2勝0敗)
敗投手 ブキャナン (0勝1敗)
Giants 坂本勇6号(3ラン) (2回:ブキャナン)
Giants ビヤヌエバ4号(ソロ) (2回:ブキャナン)
Swallows 西浦3号(ソロ) (9回:吉川光)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Giants 5回戦(明治神宮野球場)

Swallows先発はブキャナン、Giants先発は新人の高橋優貴。

Giantsは2回表、1アウト2、3塁からピッチャー・高橋がサードへのタイムリー内野安打で先制すると、続くトップバッターの坂本勇人が右中間への3ランホームランを放つ。2アウト後、さらにビヤヌエバがレフトスタンドへソロホームランを放ち、この回5点を先制する。

対するSwallowsは高橋の前にランナーこそ出すものの5回まで得点を奪うことが出来ず。

そして6回表、2アウト2、3塁からビヤヌエバがハフからセンターへの2点タイムリーヒットを放ち、0-7とこの日も一方的な展開に。

9回裏、Swallowsは代わった吉川光夫から、先頭の西浦直亨が左中間スタンドへソロホームランを放ち、1点を返すと、二塁打と2四球で1アウト満塁とする。するとGiantsはピッチャーを吉川から田原誠次にスイッチ。ここで山田がレフトへ犠牲フライを放ちさらに1点を返すが、反撃もここまで。最後はバレンティンがセンターフライに倒れ2-7でゲームセット。

————

ブキャナンの、2回の突然の乱調が全て。これで完全に継投のタイミングも狂ってしまったはず。

また、打線も新人の高橋優貴の前に散発5安打と沈黙。9回に何とか2点を取り、2試合連続の完封負けは免れたが、これで3連敗。これ以上Giantsと離されると、12連戦で一気に順位が入れ替わる可能性もある。

明日は菅野智之がGiantsの先発予定なので、そうそう点は取れないだろう。しかし、何とか連敗を止めて食らいついてもらいたい。初登板のスアレスに期待するしかないが、果たしてどうなるか。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link