【F1】Williams、テクニカルチーフのPaddy Lowe氏が「休暇」を発表

Williamsの2019年シーズンはスタートから容易なものとはならなかった。現在、チームはチーフテクニカルオフィサー(CTO)のPaddy Lowe氏が個人的な理由でチームから離れ休暇を取ることを発表した。

そのニュースはWilliamsにとって数週間騒がせている。わずか7ポイントに終わりコンストラクターズ選手権で最下位に終わった2018年の大きなショックの後、9度のチームタイトルを勝ち取ってきた彼らは、新しいドライバーラインナップ、タイトルスポンサー、そして新鮮なアプローチで2019年を迎えた。

しかしながら楽観的な観測は早々に打ち破られ、新車FW42のシェイクダウンはキャンセルされたとまずアナウンスされた。そして、彼らはニューマシンの製造の遅れにより、プレシーズンテストのスタートを欠席した。

チーム副代表のClaire Williamsはこれを厄介な遅れとして述べた後、Mercedesエンジンのマシンは最終的にバルセロナでの走行日の8日のうち3日でコース上に現れている。しかし、タイムシート上ではWilliamsは今シーズンもフィールドの後方を走行するだろうと予測されている。

Loweは現在、Williamsで彼の2度目の仕事で有、80年代後半からそのチームで彼のF1キャリアを始めていた。彼はMcLarenとMercedesでタイトルを勝ち取る成功を楽しんだ後、再びこの小さなチームに2017年3月に再加入している。


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link