【Swallows】 交流戦未だ勝ち無し4連敗・・・

6月2日(金) 対Lions 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Lions 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 8 0
Swallows 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 7 0

勝:菊池(Lions)6勝2敗
負:原樹(Swallows)1勝2敗
S:増田(Lions)1勝1敗10S
本:大引3号①(Swallows)

試合概要

Swallowsの先発は、前回7回無失点の好投をしながら勝ち星に恵まれなかった原樹理。Lionsは菊池雄星。

初回、原樹理は簡単に2アウトを取ったあと、秋山にヒットで出塁され、盗塁も決められ2アウト2塁となったところで、4番・浅村に先制のタイムリーツーベースを放たれ1点を先制される。

Swallowsは3回裏、2アウトから今日もトップバッターの山田がヒットで出塁。続く2番・坂口がタイムリーツーベースを放ち、同点に追い付く。

さらに4回裏には、1アウトから大引がレフトスタンドに勝ち越しのホームランをたたき込み、2-1と逆転する。その後も荒木がヒット→盗塁で1アウト2塁のチャンスだったが、後続が倒れ1点止まり。

2回以降は立ち直りを見せ、ランナーを出しながらも抑えていた原樹理だったが、7回表に栗山、メヒアの連続ヒットでノーアウト1、2塁のピチを招く。2塁ランナーを栗山から代走・木村文紀に変え、炭谷が送りバントを決め1アウト2、3塁に。ここで菊池に代えて代打・外崎。しかし、中村のパスボールで木村文が帰り同点に追い付かれる。2塁ランナー・メヒアも3塁に進んだところで代走・水口が送られる。打者外崎は死球で歩き、さらに盗塁を決め2、3塁とすると、金子侑のショートゴロの間に水口が帰り、2-3と逆転される。

7回裏、1アウトから西浦に代打・藤井を起用し、センター前ヒット。原樹理に変えて代打・上田もライト前ヒットで1アウト1、2塁のチャンス。しかし、山田、坂口が共に内野フライに倒れチャンスを逸する。

8回裏はシュリッター、9回裏は増田とつないだLionsは、四球で1人ランナーを出したものの、他の打者を完全に押さえ込み、そのままゲームセット。2-3でLionsが勝ち、Swallowsは交流戦未だ勝ち星無く4連敗。ここ10試合で1勝9敗という酷さ。なお、4試合連続逆転負けと言うことも付け加えておく。

Benjaminの目

原樹理は7回3失点自責点1なので、先発としての責任は果たしている。今日はその後を受けた成瀬、近藤、ギルメットも3人で2回をヒット1本に抑えており、中継ぎ陣は不安定とは言え、今日は良く投げていた。

毎回のようだが、やはり打線が機能しない。トップバッターの山田はヒット1本こそ出たものの、チームに勢いを与えるほどではない。3、4番はノーヒットである。だいたい、5番に大引が入らざるを得ない時点で、打線としての怖さを感じない。菊池雄星も余裕を持って投げていただろう。

何しろここ10試合で勝った試合は7得点、あとは1試合が4得点したものの負け、2得点が5試合、1得点が3試合と、1試合平均2.4点ではなかなか勝てない。とにかく、どんな形でも塁に出て、次の打者につないで点を取る。この繰り返しをするしか無いのだが、あまりに攻撃が淡泊で、ノーアウト満塁でさえも1点も入らないのではないかと思ってしまう。重症過ぎて、交流戦、1つ勝てるかどうかかなぁ。

スポンサーリンク
Sponsored Link