【Swallows】寺原2回3失点で降板、打線は最後まで粘るも連勝ストップ

試合結果

05月05日(日) 対Dragons 9回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 2 0 2 0 0 1 5 4 1
Dragons 1 2 1 1 1 0 0 0 X 6 11 0
勝投手 阿知羅 (1勝1敗)
敗投手 寺原 (1勝1敗)
セーブ 鈴木博 (0勝1敗10S)
Swallows 雄平4号(2ラン) (4回:阿知羅)
Dragons 平田4号(ソロ) (4回:中尾)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Dragons VS Swallows 9回戦(ナゴヤドーム)

Dragonsの先発はプロ6年目で未だ勝ち星のない阿知羅拓馬。Swallowsの先発は寺原隼人。

1回表、Swallowsは1アウト1、3塁と絶好の先制機を迎えるが、4番・山田哲人、5番・雄平が倒れチャンスを逃す。

するとその裏、Dragonsは1アウト3塁のチャンスで3番・大島洋平がセンター前タイムリーヒットで1点を先制する。

2回裏、ノーアウト2塁の場面で阿部寿樹がセンターへのタイムリー3ベースヒットを放ち2-0。1アウト後、ピッチャーの阿知羅がライト前タイムリーヒットを放ち、プロ初打点で3-0。

3回裏、代打を出された寺原に代わって中尾輝がマウンドへ。寺原は2回3失点と結果を残せなかった。しかし、中尾は2アウト満塁のピンチを招くと、松井雅人に押し出しの四球を与えてしまい4-0とされる。

4回表、1アウト1塁で雄平がライトスタンドへ2ランホームランを放ち、2点を返す。

だが4回裏、先頭の平田良介がレフトスタンドへ運ぶソロホームランで5-2とされる。

さらに5回裏、中尾に代わって五十嵐亮太がマウンドへ。1アウト後、サード・奥村展征のエラーで松井雅が出塁すると、阿知羅の代打・井領の当たりはショートゴロ。これがフィルダースチョイスとなり、1アウト1、2塁。続く平田良介はセンター前に弾き返し、1点を追加。6-2とされる。

6回表、先頭の上田剛史が死球で出塁。代走は田代将太郎。続く青木宣親がレフトへタイムリー2ベースヒットを放ち1点を返す。その後山田、雄平が連続四球で満塁のチャンスを作ると、村上宗隆のファーストゴロの間に1点を返し、6-4と2点差に詰め寄る。

9回表、Dragonsは守護神・鈴木博志をマウンドへ。3四死球で1アウト満塁とすると、山田がセンターへの犠牲フライを放ち6-5と1点差。雄平が四球を選び再び満塁として打席には村上。強い当たりは惜しくもセカンド正面のゴロで試合終了。 6-5で惜敗、阿知羅にプロ初勝利をプレゼントしてしまった。

————

やはり先発が5回までは投げてくれないと、その後は追いかける展開となり、Swallows打線をもってしてもなかなか厳しい試合になる。寺原の場合は最低でも4回まで2失点くらいで投げて欲しかったところ。その辺り、良くふり返って調整し直してもらいたい。

打線は一応、5点を挙げたが相変わらず残塁が多い。そして初回のチャンスを逃したことが最後まで尾を引いてしまった。あそこで点を取っていればまた違った展開になっただろう。あの場面を切り抜けたことで、阿知羅に自信をつけさせてしまったとも言える。

また、最終回、最後の打席に村上というのは非常にシビれたが、惜しくもセカンドゴロに倒れてしまった。今後、こういう場面は増えるだろうから、村上もここぞの場面で打てる勝負強さを身につけて欲しい。とても期待している。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link