【燕】スアレス6回自責点0、山崎猛打賞で快勝!

試合結果

06月24日(水) 対Tigers 2回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 0
Swallows 3 0 0 0 2 1 0 0 0 6 10 1
勝投手 スアレス (1勝0敗)
敗投手 ガンケル (0勝1敗)
Swallows 坂口智隆1号(ソロ) (6回:谷川)

【試合概要】

Swallows先発は、2年目のスアレス。
昨年は怪我に泣き、4試合しか投げられなかったが、
今季はフル回転してもらいたい。
一方、Tigersの先発は新外国人のガンケル。
どういうピッチングを見せるのか要注目。

試合は1回裏から動いた。
Swallowsは安打、四球、安打で無死満塁とすると
4番・村上宗隆の一塁ゴロの間に3塁走者が還り1点を先制。
2・3塁となって5番・雄平が右犠飛でさらに1点を追加。
2死2塁となって6番・山崎晃大朗が左前適時打で計3点を先制。

3回表、Tigersはこの回先頭の近本光司が三塁の失策により出塁。
続く糸原健斗が右前安打で無死1、3塁とする。
3番・糸井嘉男が4-6-3の併殺打の間に3塁走者が還り
Tigersが1点を返す。

5回裏、Swallowsは先頭の山田哲人が左前安打で出塁、
続く青木宣親が四球を選ぶ。
1死後、雄平の死球により1死満塁の好機。
ここで山崎晃大朗が左前適時打で1点を追加。
さらにエスコバーの三塁ゴロの間に1点を追加し、この回2点を挙げ
5-1とする。

Swallows先発スアレスは緩急をつけた投球であったが、
6回裏の攻撃で代打を送られ降板。
6回85球被安打2、与四死球2、奪三振4、失点1(自責点0)という好投。
スアレスの代打・塩見泰隆は見逃し三振に倒れたが
続く坂口智隆がこの回からマウンドに上がった谷川昌希から
フルカウントから右翼席へのソロ本塁打でさらに1点を追加、6-1。

Swallowsは7回からは清水昇→梅野雄吾→近藤一樹と繋いで
阪神打線を7回以降0に抑えて試合終了。
Swallowsが2戦目以来の快勝で対Tigers戦を1勝1敗とした。

6番に入った山崎晃大朗が非常に良い活躍をした。
また投手・スアレスが危なげないピッチングで
ローテーションの一角を担いそうだ。
中継ぎ陣のコマが揃えば昨年までのような投壊は減るのではないだろうか。
そうすれば打線にも良いリズムが生まれるだろう。
明日の試合を期待している。

観戦された皆さま、お疲れ様でした。

【明日の予定】

Swallows vs Tigers 2回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Swallows 高梨裕稔
Tigers 秋山拓巳


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link