【Swallows】開幕戦は延長サヨナラ暴投で敗戦

試合結果

03月29日(金) 対Tigers 1回戦(京セラドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 1
Tigers 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1X 2 6 0
勝投手 桑原 (1勝0敗)
敗投手 石山 (0勝1敗)

【試合感想】

先発はTigersがメッセンジャー、Swallowsが小川泰弘と両チームのエースが投げ合う。

試合は4回表、1アウト満塁から先発出場の村上宗隆がライトへ犠牲フライを放ちSwallowsが先制する。出来れば、この時にもう1点欲しかったところ。この試合のキーポイントの1つ。

好投を続ける小川の前に打線が沈黙していたTigersは6回裏、2アウトから木浪がショート・廣岡大志のエラーにより出塁し、続く新人の近本光司が甘く入ったチェンジアップを振り抜きライトへのタイムリースリーベースで同点に追いつく。しかし後続を断ち同点のまま。ここは小川が良く抑えた。

試合はその後、両軍得点無いまま延長戦に入り、11回裏に先頭の代打・鳥谷敬が石山泰稚からフェンス直撃のスリーベースヒットを放ちノーアウト3塁。1アウト後にバッター・近本の初球フォークボールがワイルドピッチとなり、ピンチランナーの江越大賀がホームへ生還しサヨナラ。

結果的に石山の暴投でサヨナラ負けを喫した。攻撃は青木が5打数4安打と猛打賞でひとり気を吐いたが、4番以降でヒットが1本しか出ず、これが敗因の1つでもある。廣岡のエラーは仕方ない。今年はレギュラーを獲得するため、我慢の起用が続くと思われる。宮本コーチ・石井琢朗コーチに育ててもらうしかない。

明日また、頑張って欲しい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link