【燕】石川またしても勝てず連勝ストップ!

試合結果

07月14日(火) 対Tigers 4回戦(阪神甲子園野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3 5 0
Tigers 0 0 0 3 1 2 0 0 X 6 12 0
勝投手 秋山拓巳 (1勝1敗)
敗投手 石川雅規 (0勝2敗)
セーブ スアレス (0勝0敗2S)
Swallows 西田明央2号(ソロ) (5回:秋山)
Tigers 木浪聖也1号(2ラン) (6回:星)

【試合概要】

Tigersの先発は前回6失点(自責点5)で敗戦投手となった秋山拓巳。一方、Swallowsの先発は今季まだ勝ち星がない開幕投手の石川雅規。両先発の投げ合いで試合が始まった。

先手を取ったのはSwallows。初回、1死から四球2つで1、2塁とすると、4番・村上宗隆が中前適時打で1点を先制。1、3塁となって続く西浦直亨の当たりは三塁へ。これが野選となり3塁走者が還ってSwallowsが初回に2点を先制した。

走者を出しながらも要所を締めていた先発・石川だったが、4回裏に捕まる。この回先頭の糸井嘉男に2塁打を打たれると、1死後、ボーアに右前安打を打たれる。サンズに四球を与え1死満塁となったところで、梅野隆太郎が右翼線への2点適時2塁打を放ち、同点とされる。さらに2、3塁に走者を置いて8番・木浪聖也が右犠飛を放ち、3-2と逆転される。

5回表、この日先発マスクを被った西田明央が秋山から左翼席に放り込み3-3の同点に追い付く。

しかし5回裏、先頭の近本光司が四球で出塁すると、続く糸原健斗の打席でエンドランを仕掛けられる。これが見事に決まり糸原は右前安打。無死1、3塁となると、糸井が左前適時打を放ち、Tigersが再び4-3と勝ち越す。

6回裏、この回から石川に代わり、星知弥が登板。しかし、先頭のサンズに中前安打を許す。続く梅野は投ゴロに抑えたが、8番・木浪に投じた高めの直球が弾き返され、左翼ポールに当たる2点本塁打となる。星はここで降板。

その後は中澤雅人→マクガフ→寺島成輝と繋いでTigers打線を0に抑えるが、Swallows打線もTigersの中継ぎ陣から点を取ることが出来ず、6-3でSwallowsはTigersに敗れた。

先発の石川雅規が、3~4回あたりに崩れる事が多い。球速がないので丁寧にコースをつき、多彩な変化球を用いて相手打者を翻弄するのが本来の持ち味だが、今季は与四球が多い。そこで走者を背負っての投球となり、さらに球速が落ちたところを狙われているようだ。球のキレがまだ十分でないと感じる。40歳のシーズンは、苦難の年になりそうだ。

観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/15(水) Tigers VS Swallows 5回戦
阪神甲子園野球場 18:00試合開始

予告先発

Swallows イノーア
Tigers ガルシア


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link