【Swallows】負けるべくして負けて5連敗

4月9日(日) 対Carp 3回戦(マツダスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 8 2
Carp 0 0 1 0 0 0 5 0 X 6 8 0

勝:九里(Carp)2勝
負:星(Swallows)1敗

Swallowsの先発はオーレンドルフ。対するCarpの先発は九里。

2回表、Swallowsは1アウト2、3塁のチャンスを迎えるも、谷内のサードゴロでサードランナーの雄平が挟まれ2アウト。続くオーレンドルフは空振り三振で先制のチャンスを逃す。

すると3回裏、Carpは1アウトから田中がスリーベースヒット。菊池は抑えたものの、3番・丸がセンターへタイムリーヒットを放ち、Carpが先制する。オーレンドルフはその後はランナーを出しながらもこれ以上の失点を許さず6回まで投げきる。

そして7回表、Swallowsは2アウトから畠山のヒット、中村の四球で2アウト1、2塁。ここで谷内に代わって代打・大松。これがあたり、大松は逆転のタイムリーツーベースヒット!Swallowsは1-2と逆転に成功する。

その裏、Swallowsは新人・星がマウンドへ。先頭の會澤を四球で出塁させ、その後犠打で1アウト2塁。続く田中をショートゴロに打ち取ったかに見えたが、名手・大引がエラーで1アウト1、3塁のピンチ。菊池の打球はレフト正面へのライナーだったが、バレンティンがまさかの落球。CarpはSwallowsのミスで難なく同点に追いつく。その後も、動揺した星から丸がまたもセンターへはじき返し3-2と逆転。ここでSwallowsはピッチャーをルーキにスイッチ。しかし、ルーキは新井、鈴木に連続タイムリーを打たれ、さらにボークで2、3塁としたあとエルドレッドに犠牲フライを打たれ、この回計5失点。6-2とされる。

8回表、Carpは九里からジャクソンにスイッチ。1アウト後、大引、山田の連続ヒットとバレンティンの四球で1アウト満塁のチャンス。しかし、続く雄平、畠山が凡退し無得点。9回表にも替わった中崎から中村、西浦の連続ヒットでノーアウト1、2塁のチャンスを作るも、代打荒木がゲッツーで2アウト3塁。坂口が空振り三振でゲームセット。

この試合、チャンスを幾つも潰したことが大きな敗因である。ものにしたのは7回表の2点だけ。しかも、まだプロ入り4試合目の星を助けるどころか2失策で大量失点のきっかけを作ってしまう。星は、自責点こそ付かなかったものの、4失点。今後のケアが重要であろう。また、ルーキが相手の流れを止めることが出来なかったのも痛い。ただし、ここまで総じて投手陣は奮闘しているので、野手陣が打てない、守れないではチームも浮上のきっかけをつかめないままでいる。真中監督も頭が痛いところであろう。WBCのオランダ代表4番はどこへ行ってしまったのだろう・・・。

スポンサーリンク
Sponsored Link