【Swallows】 石川の好投報われず、サヨナラ負け

5月31日(水) 対Buffaloes 2回戦(京セラドーム大阪)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
Buffaloes 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1X 2 9 0

勝:小林(Buffaloes)1勝
負:ギルメット(Swallows)1敗

ヤクルト・石川、勝ち星スルリ「チームとして交流戦で勝ちたかった」

(Buffaloes 2X – 1 Swallows:京セラドーム大阪)

31日のオリックスとの交流戦(京セラドーム)に先発したヤクルト・石川は、目前で白星を逃した。

初回から飛ばした。4回まで許した安打は内野安打1本。持ち前の制球力を生かし、内外角を広く使った。

ヤクルト・石川、勝ち星スルリ「チームとして交流戦で勝ちたかった」― スポニチ Sponichi Annex 野球

試合概要

先発はBuffaloesが東明、Swallowsは石川。

先発・石川はストライクゾーンを広く使い、丁寧にコントロールよく投げ、6回まで被安打4、無四球無失点でマウンドを降りた。エースとして申し分ない内容。

対するBuffaloesの先発・東明も、ランナーは出しながらも要所を押さえて4回までは無失点のピッチング。

試合が動いたのは5回表。先頭バッターでこの日スタメン右翼手の上田がセンターオーバーのスリーベースヒットで出塁。続く中村がライトへ犠牲フライを放ち、Swallowsが待望の先制点を挙げる。

その裏、Buffaloesも中島、T-岡田の連続ヒットでノーアウト1、2塁とするが、石川の絶妙な牽制球に引っかかり、2塁ランナー中島が刺され1アウト。その後、安達をライトフライ、武田をサードゴロに打ち取り、この回を無失点で切り抜ける。

6回裏も、内野安打のランナーを出すも後続を締めて、石川はこの回を持って降板する。

7回表、東明から近藤にスイッチし、先頭の大松がセンター前ヒットで出塁。代走に荒木が送られる。上田が見事に送りバントを決め1アウト2塁。中村がピッチャーゴロに倒れ、2アウト3塁としたものの、藤井の代打・鵜久森がセカンドフライに打ち取られ、この回は無得点。

7回表、石川に代わりルーキがマウンドへ。ロメロをサードゴロ、中島、T-岡田を連続で空振り三振に斬ってとる。

8回表、1アウト1、2塁のチャンスを作るも雄平、バレンティンが倒れチャンスを逃す。

するとその裏、ルーキに代わり石山がマウンドへ。先頭の西野が2塁打で出塁すると、1アウト3塁となり、バッター若月に代わり代打・モレル。モレルはライト前タイムリーヒットを放ち、Buffaloesが終盤に同点に追い付く。

9回表、Buffaloesのピッチャーは平野佳寿。Swallowsは先頭の荒木がヒットで出塁。上田が送りバントを決め、その後暴投があり1アウト3塁の勝ち越しのチャンス。しかし、中村がショートフライ、谷内がセンターフライに倒れ、大きなチャンスを逃す。

9回裏、石山に代わりギルメットがマウンドへ。2アウト後、中島にセンター前ヒットを打たれるも、続くT-岡田をセンターフライに打ち取り、延長戦へ。

10回表、ピッチャーは平野から小林へスイッチ。先頭の大引が四球を選び、坂口が送って1アウト2塁のチャンス。山田はライトフライに倒れたが、大引が3塁へ進む。雄平は敬遠気味の四球で歩かされ、2アウト1、3塁のチャンスに、比屋根が空振り三振に倒れる。またしてもチャンスを逃す。

チャンスを逃し続けてると相手にチャンスが転がり込むもので、10回裏、引き続きギルメットがマウンドに上がったが、先頭の西野にセンター前ヒットを打たれる。武田が送りバントで1アウト2塁。伊藤を空振り三振に斬ってとり、2アウト2塁としたが、駿太にタイムリーツーベースヒットを打たれ、2X-1のサヨナラ負け。対Buffaloes戦は6連敗となった。

Benjaminの目

先発の石川は素晴らしいピッチングだった。気迫がこもっていて、何より勝つんだという意識が強かった。それでも力まず、丁寧にコーナーを突いてBuffaloes打線を翻弄していた。欲を言えば7回まで投げきってもらいたかったが(79球)、先発陣が不足しているため、恐らく中4日で回るのだろう。続くルーキも久しぶりに目の覚めるような投球を見せていた。惜しむらくは、恐らく疲労がたまっているであろう石山が8回裏に失点してしまったこと。だが、最少失点であるので責めることはできない。最後はサヨナラヒットを打たれたとは言え、ギルメットも本来は1回を投げきれば良かったのかもしれない。

要するに、この日も打線が問題なわけだが、1アウトでランナーが得点圏にいるケースが3回表、5回表、7回表、8回表、9回表、10回表と6回もあったのだが、そのうち得点に至ったのは5回表の1回だけでは、投手陣も心身共にしんどかったことだろう。特に終盤、7~10回と毎回得点圏までランナーを進めておいて無得点では、勝てるわけがない。

真中監督も選手のやりくりが大変だろうと思うが、思い切った打線のてこ入れは必要かもしれない。

川端、畠山の復帰はまだかなぁ。

スポンサーリンク
Sponsored Link