【Swallows】 交流戦スタートは黒星発進

5月30日(火) 対Buffaloes 1回戦(京セラドーム大阪)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1
Buffaloes 1 0 0 0 0 1 7 0 X 9 15 0

勝:金子(Buffaloes)6勝2敗
負:ブキャナン(Swallows)2勝4敗

試合概要

いよいよ始まったセ・パ交流戦。Swallowsの初戦の相手はBuffaloes。

Buffaloesの先発はエース・金子、Swallowsは安定した投球のブキャナン。

初回、いきなりトップバッターの大引が2塁打で出塁すると、坂口がライト前へのタイムリーで2人で1点を先制する。元・Buffaloesにいた二人が先制点をお膳立てする。しかし、そのあとが続かず1点止まり。

逆に1回裏、トップバッターの宮崎が2塁打で出塁すると、1アウトから小谷野がセンター前ヒットで1アウト1、3塁。ここでロメロはサードゴロに打ち取ったが、その間に宮崎が還りすかさず同点に追いつく。

その後、両投手が踏ん張り、ランナーを出すものの6回表まで無得点が続く。

しかし6回裏、2アウト1塁から安達がセンター前ヒットで1、2塁とすると、武田が勝ち越しのタイムリーヒットで2-1となる。

圧巻は7回裏。ブキャナンから、これまた「猛牛戦士最後のNPB投手」近藤一樹にスイッチ。しかし、2/3回で6失点と、古巣に恩返しをする事はできなかった。この回先頭の宮崎にライト前ポテンヒットで出塁されると、代走は駿太。大城が送りバントを決め1アウト2塁。小谷野をセンターフライに打ち取り2アウト2塁までこぎ着けたが、ロメロは内野安打で1、3塁となると、T-岡田を敬遠気味の四球で歩かせる。ここでモレルに代わった代打・西野がレフトへ2点タイムリーツーベースで4-1。続く安達を四球で歩かせ再び満塁とすると、武田がライトへ2点タイムリーヒットを放ち6-1。ここで近藤一樹をあきらめ、平井をマウンドに上げるが、伊藤はレフト前タイムリーで7-1、駿太はセンター前タイムリーで8-1、大城は平井のエラーで出塁し、3塁ランナーが帰り9-1。2アウトから7失点。これでは勝負にならない。

8回、9回をヒット1本に抑えられたSwallowsはそのまま9-1で破れ、今季最多タイの借金8となってしまった。

Benjaminの目

先発のブキャナンは6回2失点で役割は果たしたが、今季、良いところで踏ん張ってきた近藤が古巣相手につかまってしまった。

打撃陣も金子の前に5安打に抑えられ、つけいる隙が全く無かった。

交流戦が割と苦手ではあるが、通算成績ではそこまで大きく負け越しているわけでは無い(勝率.471、昨年まで)のだが、どうも交流戦になるといつもの戦い方ができないようだ。DHにバレンティンを持ってこられれば良いのだが、守備をしないと打てなくなるというバレンティンはDHにはおけない。しばらくは脚に不安を抱えている雄平やパ・リーグから来た鵜久森、大松らをDHに据えるのであろうが、とにかく何としてでも打って点を取って欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link