【Swallows】 Bay Starsと1勝1敗に

4月1日(土) 対Bay Stars 2回戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Bay Stars 1 0 1 0 0 4 0 0 0 6 10 0
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 0

勝:クライン(Bay Stars)1勝
負:小川(Swallows)1敗
本:畠山1号(Swallows)

今日も引き続き対Bay Stars戦。先発の小川は3回までやや制球に苦しみ、筒香とロペスのタイムリーで1点ずつを失い2失点。ただ、4回、5回とテンポ良く3人で打ち取り、復調の兆しは見えてきていた。願わくば、あと1回投げさせてあげたかった。

攻撃はヒットは出るものの後が続かず、チャンスと言えば4回裏2アウト後に6番畠山がソロホームラン。続く7番中村が意表を突くセーフティバント。さらに8番西浦の時にワイルドピッチで2アウト2塁。しかし西浦はクラインのスライダーを捉えるもサード正面のライナー。

また、5回の裏は小川に代打・榎本を起用するも三振で1アウト。その後、トップに返って大引がセンター前ヒット。さらに盗塁で2塁に進む。坂口四球で1アウト1、2塁と絶好のチャンス。しかし、ここで3番山田がセンターフライ。4番バレンティンがショートゴロに倒れ無得点。ここで、1点でも入っていれば流れが変わっていたかも知れない。

6回表から新外国人のギルメット。しかし、シリアコ、田中浩と連続ヒットのあと、犠打で1アウト2、3塁としたあと、ファーストゴロの間に一人返って3点目を取られる。2アウト3塁となって、バッターはクラインに変わり代打で新人の佐野。ここで四球を与えてしまい2アウト1、3塁となって打順がトップに戻る。そして桑原にレフトへタイムリー、さらに今日2安打を放っている梶谷に2点タイムリーツーベースを打たれ6点目。しびれを切らした真中監督はギルメットから村中にスイッチ。ロペスに四球を与えるも筒香を打ち取り、ようやく6回表が終わる。

その後、投手陣は星→平井→原樹里と繋いで無失点でしのぐものの、味方の攻撃は7回以降ノーヒットでゲームセット。

昨日とはうって変わって完敗でした。

収穫と言えば、新人・星が1回を3人でピシャリと締め、2奪三振。ストレートも走っていたようなので、今後に期待。また、最後の原樹里も3人できちんと抑えることができたので、この2人がとりあえず勝ちパターンの中継ぎに入ってくるなり、あるいは先発ローテーションの一角に入ってくれば、だいぶ投手陣は楽になるのでは無いかと思う。

とりあえず、今日の負けは気にせず、明日また勝ってBay Starsに勝ち越そう!

頑張れ、Swallows!!

スポンサーリンク
Sponsored Link