【燕】投手陣が壊滅、大敗を喫す 打線も沈黙 (09/21)

試合結果

09月21日(月) 対Dragons 16回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 9 0
Dragons 0 0 2 1 4 0 2 0 X 9 12 1
勝投手 勝野昌慶 (2勝3敗0S)
敗投手 山中浩史 (1勝2敗0S)
Swallows 村上宗隆16号(ソロ) (2回:勝野)
Dragons アルモンテ7号(2ラン) (3回:山中)

【試合概要】

ゲーム展開

Dragonsの先発は勝野秋吉。前回登板から3週間あまりの間隔が空いているが、それまでは投球内容は悪くはなかったが、勝ち星に恵まれず1勝3敗。2年目の今季は飛躍を狙っており、今回の登板がどうなるか。一方、Swallowsの先発は、前回登板で3回途中7失点で降板と、良いところがなかった山中浩史。今日は前回の登板の汚名返上と行きたいところ。両先発で試合開始。

2回表、Swallowsの攻撃は4番・村上宗隆から。徹底した外角攻めから5球目のストレートをレフト方向へ弾き返し、そのままスタンドへ。第16号の先制ソロホームラン。その後、2アウトとなってから7番・レフトでスタメン起用の中山翔太が高めの球をセンター前へ運ぶヒットで出塁。続く8番・松本直樹の4球目がワイルドピッチとなり中山は2塁へ。2アウト2塁となって松本は外角低めのスライダーを上手くレフト前に運び、2塁ランナー中山が一気にホームへ突っ込む。しかし、レフト・アルモンテの好返球に遭いホームタッチアウト。この回は1点止まりで終わった。

3回裏、Dragonsの攻撃。2アウト1塁となってから、先ほどホームへ好返球した3番・アルモンテ。2ボール2ストライクからの5球目、内角の、構えたところよりは高めに浮いたストレートを強振。高く上がった打球はそのままライトスタンドへ入る逆転の2ランホームランとなった。

4回表、Swallowsの攻撃。先頭打者の3番・山田哲人はショートへの強い当たり。ショート・京田陽太は良く捕ったが1塁間に合わず内野安打で出塁。与田監督がリクエストを要求したが判定変わらず。続く4番・村上はショートへのボテボテのゴロ。これを京田が悪送球してエラーとなり、ノーアウト2、3塁のチャンス。5番・西浦直亨はショートフライに打ち取られるが、6番・坂口智隆はストレートの四球で1アウト満塁のチャンス。ここで打者は7番・中山翔太。外角のボール球のスライダーを当てただけの打球はセカンド正面へ。4-6-3のダブルプレートなり同点、あるいは逆転のチャンスを潰す。

4回裏、Dragonsの攻撃。この回先頭の5番・高橋周平が初球を打って鋭い打球がライト前へ。ノーアウトランナー1塁。続く6番・阿部寿樹が初球を送りバント。これで1アウト2塁。そして迎えるのは7番・平田良介。フルカウントからの6球目、低めのストレートを弾き返し、左中間を破るタイムリーツーベースヒット。これで3-1と2点のリードに拡がった。

山中は4回を投げきったところで代打を送られ降板。64球、被安打5、被本塁打1、奪三振2、与四球2、失点3(自責点3)という成績だった。

5回裏からSwallowsは2番手に星知弥を起用。ロングリリーフで味方の反撃を待つ作戦かと思われたが、これが裏目に出る。この回先頭の京田に3球目、高めのストレートをレフト前に持って行かれノーアウト1塁。続くアルモンテはセンター返しでノーアウト1、3塁のピンチ。ここで4番・ビシエド。真ん中に入ったフォークをセンター後方へ打ち上げ、犠牲フライとなり4-1となる。5番・高橋周平に四球を与え、1アウト1、2塁。続く打者は阿部。真ん中やや外寄りのスライダーを3塁線へ。これを村上が捕れず打球はそのままレフト線へ転がる。記録は2点タイムリーツーベースヒット。これで6-1。さらに平田が真ん中に入ったスライダーをセンター前へ運び、2塁ランナーが還って7-1とリードを6点に拡げた。

6回表、Swallowsの攻撃。この回先頭の山田哲が外角高めのストレートを打って右中間を破るツーベースヒットで出塁。ノーアウト2塁。続く村上はストレートの四球でノーアウト1、2塁。西浦がセンターフライで山田哲がタッチアップ。1アウト1、3塁と変わる。続く坂口が2球目の内角ストレートを捉えライト前タイムリーヒット。1点を返す。なおも1アウト1、3塁。ここでDragonsは勝野を諦め、2番手に又吉克樹をマウンドへ。Swallowsは中山がバッターボックスへ。2球目、外角低めのスライダーをライト方向へ高々と打ち上げ、これが犠牲フライとなって7-3と4点差に詰め寄る。

7回裏、Dragonsの攻撃。Swallowsはこの回から4人目の近藤一樹がマウンドへ。この回先頭のビシエドに四球を与えると、1アウト後、阿部にも四球を与え1アウト1、2塁。平田には初球をレフト前に運ばれノーアウト満塁のピンチを迎える。8番・木下拓哉が打席へ。2球目、内角のストレートを高々と打ち上げ、フェンス直撃の2点タイムリーツーベースヒット。1塁ランナー・平田はホームでダッチアウト。しかし、これで9-3。ダメ押し点がDragonsに入った。ピッチャー・又吉には代打・堂上直倫。外寄りのストレートがシュート回転して内側に入ったボールをライト前へ運び2アウト1、3塁とピンチが続く。ここでSwallowsは近藤を諦め、5番手の投手として長谷川宙輝を起用。長谷川はトップバッターの大島洋平を空振り三振に斬って取り、この回を2失点で止めた。

8回表はゴンザレス、9回表は木下雄介がマウンドへ。それぞれ四死球でランナーを出すものの、併殺打で切り抜け、試合終了。9-3でDragonsが勝利。Swallowsは投手陣が崩れ、大敗を喫した。

試合感想

先発・山中が長打を打たれ失点し、4回までしか投げられなかったこと、そのあとの星が誤算だったことがこの試合を決定づけた。まあ、星の場合は村上の守備にも足を引っ張られた形ではあるが。また、近藤一樹はストレートがシュート回転するのがある意味持ち味ではあるが、それが外角から真ん中に入ってくるので打ち頃の球になっていた。その辺りを調整しないと、接戦では起用しづらい。

打線は、4回表のノーアウト2、3塁から、簡単にショートフライを打ち上げた西浦。ここで1、2塁間にゴロを打たなければいけない場面で何故引っ張ってしまったのか。高めのストレートを逆らわずに叩きつけるバッティングが求められていたはず。ここで2-2の同点に追いつけなかったことが後々に響いた。また、6回表のノーアウト1、2塁の場面でもセンターフライを打ち上げており、せめてランナーを進めるバッティングをしなければならなかった。2度、ミスを犯したことになる。

とは言え、あれだけ点を取られてしまっては追いつくのは難しいので、やはり先発がどこまで投げられるか、中継ぎ陣がどこまで踏ん張れるか、にかかっている。今のSwallowsの悪いところが出まくった試合だった。そんな試合だったが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 09/22(火)
対戦カード Dragons VS Swallows
対戦 17回戦
球場 ナゴヤドーム
試合開始時間 18:00

予告先発

Swallows 石川雅規
Dragons 大野雄大


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。