【燕】救援が崩れ逆転負け、貯金もついに1

試合結果

08月04日(火) 対Carp 7回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 0 0 0 0 0 0 3 3 0 6 12 1
Swallows 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 9 0
勝投手 塹江敦哉 (2勝1敗0S)
敗投手 清水昇 (0勝2敗0S)
セーブ フランスア (0勝1敗2S)
Carp 長野久義1号(3ラン) (7回:マクガフ)
Carp 田中広輔3号(3ラン) (8回:清水)

【試合概要】

ゲーム展開

Swallows先発はここまで5試合に先発、好投が勝ちに繋がらず1勝2敗の高梨裕稔。対するCarpはやはり5試合に先発、同じく1勝2敗の九里亜蓮。両先発で試合が始まった。

先制したのはSwallows。2回裏、ボテボテの内野安打とラッキーな内野安打に、九里のワイルドピッチも相まって1死2、3塁のチャンスを得る。するとこの日スタメンマスクの西田明央が1塁線を破るライトへの2点タイムリーツーベースヒットで2点を先制する。

3回裏にもショート内野安打、四球、レフト前ヒットで1死満塁のチャンスを迎えたが、後続がファーストゴロ、ライトフライに倒れこの回得点ならず。

4回裏、再び西田が右中間を破るツーベースヒットで出塁すると、高梨が送りバントで送って1死3塁。ここで打順はトップに返って1番・坂口智隆。坂口はセンター右へ運ぶタイムリーヒット!Swallowsが3-0とリードする。

先発・高梨は走者を出すものの、要所を締め6回まで無失点で抑える。

迎えた7回表。2死1、2塁のピンチ。ここで3番・長野久義のところで高梨はマウンドを降り、2番手・マクガフに後続を託す。しかし、そのマクガフは長野に投じた2球目の148km/hストレートをライトポール際に運ばれる同点3ランホームランを浴びる。ベンチで高梨がガックリと肩を落とす姿が印象的だった。

8回表は3番手・清水昇が登板。先頭の松山竜平にボテボテのサード内野安打で出塁されると、この日スタメンマスクの坂倉将吾がセンター前へのポテンヒットで無死1、2塁とされる。どちらも打ち取っていた当たりだけにもったいない。7番・堂林翔太を空振り三振に打ち取って一息ついたところで、今季調子の上がらない8番・田中広輔。低めのストレートを叩くと、センターバックスクリーンにギリギリ入る3ランホームラン。これで3-6とCarpが3点を逆にリードする。

9回裏、Carpはフランスアが登板。そのフランスアの前にSwallows打線はセンターフライ、空振り三振、空振り三振に取られ試合終了。3-6でCarpの勝利となった。

試合感想

先発の高梨は6回2/3を投げて116球、被安打8、奪三振5、与四球1、失点2。もう1アウト分、投げさせても良い気がしたが、ローテーションを守るため、球数が限界だったのだろう。

となると、あとを受けたマクガフがやはり問題なのだが、ストレートの球速こそあるものの、球が高めに浮いていた。長野に投げたストレートはほぼ真ん中外よりなので、タイミングを合わせればスタンドまで飛んで行く。長野への警戒心が薄れていたのではないか。これは捕手・西田のリードにも疑問符が付く。せっかく打撃で活躍したのに、完全に帳消しである。

また、敗戦投手となった清水昇だが、打たれた球は低めにコントロールされた良いストレートであったように見えた。これは打った田中広輔を褒めるべきで、清水としてはあとに引きずらないことが大事だ。事実、球に力があったので、内野安打やポテンヒットにはなったが、投げ負けてはいない上、後続もピシャリと断っている。課題を挙げるとすれば、ランナーを溜めた時の投球術か。今後、改善していって欲しい。

打線については、「取れる時に点を取る」という、すべての点取りスポーツの基本に立ち返って欲しい。残塁8はちょっと多い。また、2度の満塁の好機で1点も取れなかったことも反省材料だろう。チャンスはあった。それを活かせなかったことを次につなげて欲しい。

さて、Swallowsは引き分けを挟んで今季初の3連敗となり、貯金が1となった。だが、昨年の順位を考えると、これでも2位にいることが上出来だ。チーム防御率の改善が今年のテーマだったはずだが、あまり変わっていない(昨季:4.78→今季現時点:4.64)。今季は先発投手が早い回に打ち込まれ、その後の中継ぎがさらに打ち込まれた結果、大量失点で敗戦する試合が時折あるので、それさえ何とかすればチーム防御率は改善されるだろう。

ここ数試合、得点力が下降気味な上、今季は2ケタ得点がまだ1試合しかなく、チーム総得点はリーグ3位だが、この先がやや心配。チーム安打数、チーム本塁打数がリーグ5位と、このあたりが改善されない限り攻撃力の向上は見込めない。幸い、早ければ明日6日には山田哲人が1軍登録復帰となるので、それを起爆剤にしたい。

この日はスタメン出場した塩見泰隆が2安打と、チャンスメイクをしていたので、地道に結果を積んでいって欲しい。1割台だった打率も.229まで上げてきた。昨年の村上宗隆も打率はなかなか上がらなかった。だが、気にせず思いきりバットを振り回して欲しい。

非常にもったいない試合の落とし方であったが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

08/05(水) Swallows VS Carp 8回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Carp 野村祐輔
Swallows 大西広樹


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。