【燕】原樹理好投、村上逆転弾で2位死守!

試合結果

07月29日(水) 対Tigers 8回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
Swallows 0 0 0 2 0 1 0 0 0 3 6 0
勝投手 原樹理 (2勝0敗0S)
敗投手 ガルシア (0勝3敗0S)
セーブ 石山泰稚 (2勝1敗6S)
Swallows 村上宗隆5号(2ラン) (4回:ガルシア)
Swallows 塩見泰隆3号(ソロ) (6回:能見)

【試合概要】

Swallowsの先発は、前回が今季初先発で5回3失点で初勝利を挙げた「救世主」原樹理。対するTigersの先発はまだ勝ち星のないガルシア。両先発で試合は始まった。

先日、20失点の影響か、先発したイノーアと2番手の坂本光士郎は揃って1軍登録を抹消された。坂本はもう一度、2軍で立て直してきて欲しい。

さて、1回表。Tigersは先頭打者の近本光司がセンターへの2塁打で出塁。1死後に3盗も決めると、3番・サンズは四球で出塁。1死1、3塁で4番・大山悠輔がショートへの内野安打で1点を先制する。昨日の流れが引き継がれているのか、いやな雰囲気が漂う。

しかし、その雰囲気を断ち切ったのはSwallowsの若き4番であった。4回裏、この回先頭の青木が左中間を破る2塁打を放つと、4番・村上宗隆が4球目、155km/hのストレートを叩き、左中間席に運ぶ第5号逆転2ラン!2-1とSwallowsが逆転に成功する。

原樹理は四球を出すものの要所を押さえ、2回から5回までは被安打0で降板。5回を投げ被安打3、与四球5、奪三振6、失点1(自責点1)という内容。

6回表、2番手に前日、2回をパーフェクトピッチングで抑えた梅野雄吾が起用される。しかし、先頭打者に四球を出し、1死後、ヒットと四球で1死満塁のピンチを作り降板。急遽3番手に長谷川宙輝がマウンドへ。長谷川はこのピンチに1番・近本をレフトフライ、2番・糸井嘉男を152km/hのど真ん中ストレートで空振り三振に斬って取りピンチを脱する。長谷川、ナイスピッチング!

すると6回裏。Tigersはこの回から2番手の能見篤史がマウンドへ。この回先頭打者の塩見は能見の3球目、高めに浮いたストレートをセンターバックスクリーンに運ぶソロホームランで1点を追加。3-1とリードを2点に広げる。

こうなるとSwallowsは7回マクガフ、8回に清水昇、そして9回に守護神・石山泰稚が登板し、それぞれTigersの攻撃を0に抑え試合終了。3-1でSwallowsが勝利した。

何と言っても5回まで1失点で好投した原樹理に助けられた感があった。まだ中5日などのローテーションには入れないとは言え、貴重な先発陣の一角を担っている。また、今日は梅野が良くなかったが、長谷川が度胸あるピッチングでピンチをしのいだ。こういう経験を糧に、もっと成長して欲しい。マクガフの投球が安定してきたのが非常に頼もしい。そして石山にも安定感が出てきた。この調子が続けば、チーム防御率もいずれ落ち着いてくるであろう。

打線は、ここぞで一発を打てる4番・村上が非常に頼もしい。まだ20歳。だが、これだけ風格のある20歳の4番は今のところ、12球団見渡してもいない。Marinesの安田尚憲が4番に座って実績を出してきたが、昨年既に実績を出している村上の方が今のところは断然、オーラを放っている。また、塩見にホームランが出るようになった。コンスタントに安打等で出塁できるようになれば、山崎晃大朗の良きライバルとなるであろう。楽しみな若手が出てきて、将来性を感じる。上手く才能を開花させて欲しい。

前日の雑試合から一転、締まった試合をものにしたSwallows。明日の試合で勝ち越しを決めたいところ。観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/30(木) Swallows VS Tigers 9回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Tigers 藤浪晋太郎
Swallows 高橋奎二


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link