【燕】投壊で試合にならず、虎の打撃練習に

試合結果

07月28日(火) 対Tigers 7回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 3 4 2 4 0 6 0 0 1 20 18 0
Swallows 0 3 0 0 0 0 1 1 0 5 9 3
勝投手 秋山拓巳 (3勝1敗0S)
敗投手 イノーア (0勝2敗0S)
Tigers ボーア7号(満塁) (2回:イノーア)
Swallows 宮本丈1号(3ラン) (2回:秋山)
Tigers サンズ6号(満塁) (4回:坂本)
Tigers 木浪聖也2号(3ラン) (6回:中澤)
Swallows 廣岡大志2号(ソロ) (7回:秋山)
Swallows 塩見泰隆2号(ソロ) (8回:秋山)

【試合概要】

Swallowsの先発は、今季は早い回に打ち込まれることが多いイノーア。今日こそは信頼を勝ち得る投球ができるか。対するTigersの先発はここまで2勝1敗ながら、やはり失点が多めな秋山拓巳。両先発で試合が始まった。

まず初回、Tigersの攻撃。先頭打者の近本光司が遊撃手・エスコバーのエラーで出塁、続く糸井嘉男がセンター前ヒット、3番・サンズが四球を選ぶと4番・大山悠輔の3球目がワイルドピッチとなり、Tigersが1点を先制。その大山のショートゴロの間にさらに1点追加。2死1、3塁となって7番・木浪聖也がライト前ヒット。3塁ランナーが還ってTigersが3点を先制した。

さらに2回。2四球とヒットで2アウト満塁としたあと、5番・ボーア。内角低めのストレートをジャストミート!ライトスタンドに運ぶ満塁ホームランで4点追加。0-7と一方的な展開に。

2回裏のSwallows。4番・村上宗隆がライト前ヒットで出塁、5番・山崎晃大朗がレフトへの2塁打で続くと、1死後にこの試合からセカンドで先発出場を果たしている宮本丈がプロ入り初となる第1号3ランホームランで3点を返し、3-7と反撃に出たかに見えた。

しかし、Swallowsが試合をさせてもらったのはここまで。3回表、Swallowsはイノーアを諦め2番手に坂本光士郎をマウンドに送る。先頭打者の投手・秋山がショートへの内野安打で出塁。エスコバーの送球が逸れた間に秋山は2塁まで進む(記録は1ヒット1エラー)。近本がサードへのセーフティバントを決め、ノーアウト1、3塁。1死後、3番・サンズの打席で牽制球が悪送球となり、Tigersが1点を追加。1塁ランナーは3塁まで進む。するとサンズはライト前ヒットを放ち、さらに1点を追加。3-9と6点差に再びリードを広げる。

4回表、四球、内野安打、死球がからみ2死満塁のピンチを招くと、3番・サンズが外角高めのストレートを軽くミート。しかし打球はライト席にライナーで飛び込むこの試合2本目の満塁ホームランが飛び出し、3-13と点差はついに10点に広がる。

6回表、Swallowsは3人目の中澤雅人がマウンドへ。しかしTigersの攻撃を止められない。四球2つとヒットで1死満塁とすると、ボーアにライト前ヒットを打たれさらに1点を追加。続く梅野隆太郎がセンター前ヒットで2点が入る。さらにさらに続く木浪が右中間スタンドへ運ぶ3ランホームランでこの回計6得点。3-19と野球とは思えないスコアになる。

7回裏、2死から途中出場の廣岡大志が第2号ソロ本塁打をレフトスタンドに叩き込み、秋山から4点目を奪う。

さらに8回裏、この回先頭の2番・塩見泰隆が高めに浮いた変化球をライトスタンドに持って行き、秋山から5点目を奪い、5-19とする。

9回表、Swallowsは5人目のピッチャー・星知弥がマウンドへ。いきなり先頭打者の木浪に2塁打を打たれ、続く植田海にレフト前ヒットを浴びノーアウト1、3塁。1死後、途中出場の島田海吏に初球をライト前に運ばれ1点を追加される。Tigersはついに20点目を奪う。

9回裏、Swallowsは為す術無く三者凡退で終わり試合終了。Tigersは秋山が5失点完投、打っては満塁ホームラン2本などで20得点。Swallowsは、宮本丈のプロ初本塁打、廣岡、塩見の本塁打がせめてもの救いか。

さて、この試合は何と言っても投手陣が試合をぶち壊したのは言うまでもない。まずイノーア。2回74球で打者17人に対し被安打6、被本塁打1、与四球4はさすがに酷い。被本塁打は満塁弾。先頭打者をエラーで出塁させてしまったことがあったにせよ、引きずりすぎ。続く坂本光士郎。この日、1軍登録されたばかりで期待された登板だったが、サンズへの満塁弾を含む3回6失点。与四球4、与四球1では中継ぎでの起用は難しいだろう。そしてベテランの域に入った中澤雅人。1回を投げ6失点、木浪に3ランホームランを浴びる。与四球2。これら3人で与四死球11はいくら何でも与えすぎ。その上被安打15、うち被本塁打3。打撃投手が3人、交代で投げたという感じだ。

そんな中、梅野雄吾が2回を投げて無失点のパーフェクトピッチングを披露している。少しずつ調子が上向いてきているのだろうか。梅野の復活は嬉しい。

打線は、2回裏は繋がりがあったものの、あとは散発5安打。うち2本はソロ本塁打だが、焼け石に水でしか無かった。せめて最終回に1点でも取る粘りを見せて欲しかった。

やたら守備の時間の長い、Tigersの打撃練習に付き合わされた感は大きいですが、観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/29(水) Swallows VS Tigers 8回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Tigers ガルシア
Swallows 原樹理

 


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link