【燕】エスコバー4安打3打点!山田哲人はお休みでも快勝!

試合結果

07月15日(水) 対Tigers 5回戦(阪神甲子園野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 2 0 0 0 0 0 2 2 3 9 14 0
Tigers 0 0 1 0 0 3 1 0 0 5 9 1
勝投手 マクガフ (2勝0敗)
敗投手 伊藤和雄 (1勝1敗)
Tigers 糸原健斗1号(ソロ) (3回:イノーア)
Swallows エスコバー1号(2ラン) (6回:ガルシア)
Tigers ボーア5号(ソロ) (7回:梅野)

【試合概要】

Tigersの先発は前回、勝ち星は着かなかったが6回無失点と好投したガルシア。一方Swallowsの先発は、5失点、4失点、4失点と良いところがあまりなかったイノーア。両先発の投げ合いで試合は始まった。

先手を取ったのはこの日もSwallows。まず初回、1番・坂口智隆、2番に今日は山田哲人の代わりにスタメンで入った荒木貴裕が連打で出塁すると、1死1、2塁で4番・村上宗隆が右前に弾き返し、坂口が還って1点を先制。今日も村上は打点を稼いだ。1、3塁となって5番・西浦直亨は右犠飛を放ちさらに1点追加。Swallowsが初回に2点を先制した。

3回裏、Tigersは2死走者無しから2番・糸原健斗がイノーアの2球目、149km/hの直球を右翼席に運ぶ今季第1号ソロ本塁打で1点を返す。

4回、5回は両投手が抑えて迎えた6回表。Swallowsは2死から6番・山崎晃大朗が四球を選び出塁すると、ガルシアが静止動作を2回行ったとしてボークをとられ2死2塁。続く7番・エスコバーがガルシアの高めに浮いた2球目のツーシームを叩いた。来日初本塁打となる2点本塁打を左翼席に運び、1-4とする。

しかしその裏Tigersは、この回先頭のボーアが中前安打で出塁、続くサンズが四球を選び、無死1、2塁とすると7番・梅野隆太郎が中前適時打を放ち2-4とする。この回から登板したSwallowsの2番手・長谷川宙輝は1死も取れずに降板。マクガフがマウンドに上がる。犠打で1死2、3塁となったあとガルシアに代打・福留孝介が送られる。しかし、マクガフは四球を与えてしまい1死満塁のピンチ。先頭打者の近本光司にも四球を与え、押し出し。これで3-4。さらに糸原に右犠飛を放たれ、ついに4-4の同点に追い付かれる。イノーアの勝ち星はここで消えた。

7回表、Tigersは2人目の投手に9年目の伊藤和雄をマウンドに送る。今季は5試合に登板している。その伊藤和からマクガフの代打・川端慎吾が中前安打で出塁。坂口が送って1死2塁。荒木は四球を選び1死1、2塁とすると、3番・青木宣親が右前安打。これで1死満塁となって、伊藤和雄は降板。3番手にプロ16年目、41歳の能見篤史が起用された。その能見から、年が半分以下の村上が中前に弾き返し、これが2点適時打となり4-6とふたたび2点のリード。村上はこの日3打点を挙げた。

7回裏、Swallowsは4人目の投手として梅野雄吾をマウンドへ。1死を取ったあと、5番・ボーアに高めの直球を右中間席に運ばれる5号ソロ本塁打を浴び、5-6と再び1点差に迫られる。

8回、Tigersは4人目・望月惇志が、Swallowsは5人目・清水昇が0点で抑えた。特に清水昇は3者凡退でキッチリと抑え、今季11回目の登板で未だに自責点0と、抜群の安定感である。

9回表、今回トップバッターで途中出場の「知人男性」(もういいかw)上田剛史が安打で出塁。2死1、2塁となるが、エスコバーがこの日4安打目となる左前適時打を放ち1点を追加。悪送球も重なり走者2、3塁として、井野卓が中前に2点適時打を放ちさらに3点追加。5-9となる。

9回裏には守護神・石山泰稚が、セーブの付かない場面ではあるが登板。代打・原口文仁、4番・大山悠輔を連続で空振り三振、最後はボーアを中飛に打ち取り試合終了。

4番・村上が3打点、エスコバーは4安打3打点と活躍し、Swallowsが勝利した。結果だけ見れば快勝だが、やはりマクガフの絶不調が心配。その前の長谷川が走者を溜めたとはいえ、その走者を全員還してしまうのでは、ちょっとセットアッパーとしての信頼が置けない。逆に、清水昇は今季は何が良くなったのかわからないが、とにかく直球にキレがあり、ノリにノっている。清水が調子の良い間に、他の中継ぎ陣の調子が良くなることを期待する。

エース・石川雅規が登録抹消、ミスター・トリプルスリーの山田哲人が疲労で調子を落としスタメン落ちと、悪いニュースが流れる中、代役がキッチリ仕事をしてくれることを願う。今日はスタメン二塁手が荒木貴裕だったが、宮本丈も代打で2塁打を放つなどいい仕事をしているので、山田のいない隙にアピールしておきたいところだ。

ここまでビジターで5勝1敗1分け(ホームは7勝7敗の5分だった)と、ここまでは申し分ない出来なので、残りビジター7試合を3勝4敗くらいで切り抜けてくれれば、今のSwallowsの状態では充分かな、と思う。

途中、雨で中断されるなど長い試合となったが、観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/16(木) Tigers VS Swallows 6回戦
阪神甲子園野球場 18:00試合開始

予告先発

Swallows 高橋奎二
Tigers 中田賢一


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。