【燕】あわやノーヒットノーラン、わずか3安打で完敗

試合結果

07月23日(木) 対BayStars 6回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
BayStars 3 0 0 0 0 1 2 0 X 6 11 1
勝投手 大貫晋一 (2勝2敗)
敗投手 高橋奎二 (0勝1敗)
BayStars 戸柱恭孝2号(ソロ) (6回:寺島)
BayStars 佐野恵太2号(2ラン) (7回:寺島)

【試合概要】

BayStarsは前回登板で8回を投げ2失点(自責点1)と好投し、今季初勝利を挙げた2年目の大貫晋一。対するSwallowsはここまで3試合に先発してすべて5回以上投げて自責点2ながら1敗の左腕・高橋奎二。両投手の先発で試合が始まった。

先制したのはBayStars。1番・梶谷隆幸が左翼への2塁打で出塁。ソト空振り三振のあと、3番・ロペスが四球を選び1死1、2塁。ここで4番・佐野恵太が中前適時打を放ち1点を先制する。5番・宮﨑敏郎の当たりは三塁へ。これを三塁手・西浦直亨が失策。1死満塁とすると、6番・柴田竜拓に右前に運ばれさらに1点を奪われる。7番・戸柱恭孝の当たりは左翼手前に落ちる安打でもう1点追加され、計3点をBayStarsに先制される。

今日のBayStars先発の大貫にはこの3点で充分であった。6回表までSwallows打線を抑え込み、失策と四球2つの3人の走者しか出さず、無安打投球。一方のSwallows先発・高橋は2回以降は立ち直り、2回から5回まで被安打1、四死球2のみに抑える好投を見せ、味方の反撃を待つ。

6回裏、この回から高橋に代わってマウンドに上がった寺島成輝。しかし、この回先頭の戸柱に4球目の内角直球を叩かれ、右翼席上段に運ばれる手痛い1発。これで4-0とする。

7回表、内野ゴロ2つで2死となったあと、5番・西浦がようやく大貫から右前安打を放ち、Swallowsは無安打で終わることはなんとか防いだ。

7回裏、引き続きマウンドは寺島。しかし、先頭のロペスに左前安打を許すと、4番・佐野恵太の打球は左翼席へ。2試合連発となる第2号2点本塁打を放ち、6-0となる。

9回表、Swallows最後の攻撃で一矢を報いたいところだが、先頭の代打・渡邉大樹が右前安打で出塁する。しかし、続く代打・荒木貴裕が5-4-3の併殺に倒れ2死走者無しとなる。3番・山崎晃大朗が中前安打で出塁するも、最後は4番・村上宗隆が投ゴロに倒れ試合終了。

先発・高橋は初回さえ除けば良い投球内容だったと思う。序盤をどう抑えるかが今後の課題だろう。寺島は2被弾しているが、佐野の一発以外はそこまで悪い投球ではなかった。1発を浴びない工夫が必要だろう。

打線に関してはもうお手上げだった。9回、エスコバーの際に1点を取るチャンスはあったが、荒木の併殺で潰えた。初球打ちの併殺はいただけない。様子見でバントの構えでも見せておけば良かったと思う。山田哲人、青木宣親がお休みの試合だったが、2人が抜けただけでここまで打線が湿ると、勝利にはほど遠かった。

完敗の試合でしたが、切り替えてまた次の試合に挑んでくれれば。観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/24(金) Swallows VS Giants 6回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Giants 今村信貴
Swallows 吉田大喜


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。