【燕】石川、4回途中5失点で敗戦

試合結果

07月03日(金) 対BayStars 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 0 0 4 1 0 0 0 0 0 5 11 0
Swallows 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4 7 1
勝投手 今永昇太 (2勝1敗0S)
敗投手 石川雅規 (0勝1敗)
セーブ 山崎康晃 (0勝1敗4S)

【試合概要】

Swallows先発は石川雅規。過去2試合はいずれも勝ちを消された苦しい開幕。
一方、BayStars先発は1勝1敗の今永昇太。
両先発の投げ合いで試合は始まった。

先手を取ったのはSwallows。
1回の裏、2死から青木宣親の2塁打。
その後連続で四球を選び満塁とすると、
6番・山崎晃大朗が2点適時打を放ち、
Swallowsが2点を先制する。

石川は走者を出しながらも1回、2回と踏ん張ったが、
3回表にBayStars打線に捕まる。
安打と四球2つで無死満塁とされると、
3番・オースティンに中前適時打でまず1点を返される。
4番・佐野恵太は見逃し三振に斬って取ったが
続くロペスに犠飛を打たれ同点とされる。
さらに宮崎敏郎、嶺井博希と連続で適時打を浴び
この回打者1巡の4失点。

しかしその裏のSwallowsは、
1死から四球2つで1、2塁とすると、
5番・西浦直亨、6番・山崎が連続適時2塁打で4-4の同点に追いつく。

ここから踏ん張りたい石川だったが、
4回表、1死1、3塁から4番・佐野に適時打を打たれ4-5と
再びリードを許す。
石川はここで無念の降板。
またしても勝ち星を拾うことは出来なかった。

その後はBayStars・今永が6回まで踏ん張り、
三嶋一輝、山崎康晃と無失点リレーで繋いで試合終了。

Swallowsは3連勝ならず。
しかし、石川のあとを継いだ投手達が
BayStars打線を無失点で抑えたのが収穫か。
もどかしい展開でしたが、最後まで観戦された皆さま
お疲れ様でした。

【次試合の予定】

7/4(土) Swallows vs BayStars 2回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Swallows 小川泰弘
BayStars 中川虎大


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link