【Swallows】終盤に同点に追いつきサヨナラ押し出しで勝利

試合結果

04月03日(水) 対BayStars 2回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4 5 0
Swallows 1 0 0 0 0 0 0 3 1X 5 9 1
勝投手 石山 (1勝1敗2S)
敗投手 三上 (0勝1敗)
BayStars ソト1号(ソロ) (4回:高橋)
Swallows 雄平1号(3ラン) (8回:パットン)

【試合感想】

Swallowsの先発は昨年、頭角を現してきた高橋奎二、BayStarsの先発はプロ3年目の左腕・濱口遥大。左腕同士の対決となった対BayStars2回戦。

1回裏、荒木貴裕、青木宣親と連続ヒットで出塁し山田哲人が四球で歩き、ノーアウト満塁とすると、4番・バレンティンが先制のレフト前タイムリーを放ち、まずはSwallowsが1点を先制。しかし、後続が続かず1点止まり。

対するBayStarsは4回表、先頭のソトが粘って7球目をレフトスタンドに叩き込み、1-1の同点に追いつく。さらに宮崎敏郎がサードエラーで出塁し、1アウト後にロペス、中井大介を四球で歩かせ満塁とすると、打者・伊藤光の2球目にフォークボールが逸れ、暴投で1点追加。さらに伊藤がセンター前2点タイムリーヒットを放ち、この回4点を取って1-4と逆転。

このままBayStars3点リードのまま、8回裏に先頭の青木がライト前ヒットで出塁。続く山田哲人はレフト線ライン際への2ベースヒットでランナー2、3塁とし、1アウト後に雄平が2球目の内角のストレートをフルスイングしライトスタンドに叩き込む3ランホームランで一気に同点に追いつく。

9回表は抑えの石山が登板し、キッチリ3人で片付けるとその裏、守備固めでサードに入った先頭の大引が引きつけてセンター前へヒットで出塁。BayStarsはこの回から三上朋也がマウンドに上がっているが、前の回のパットン同様、ストライクとボールがはっきりしており、続く中村悠平が送りバントを決めると荒木、青木と連続四球で1アウト満塁。絶好のチャンスに打席には山田哲人。しかし、3ボール1ストライクから投じたボールがワンバウンドし押出し四球。Swallowsがサヨナラ押出しで勝利し、この3連戦を先に2勝した。

相変わらず下位打線は沈黙しているが、中村悠平のバントなど、細かい仕事をキッチリして次の打者に繋ぐ意識を保っていれば、上位打線は絶好調の青木を中心に上向き加減なのでチャンスになる。今日は特に打線が終盤、投手陣を助けた形になっており、昨日今日と上手くかみ合ってきたかな、という感じ。チーム打率こそ2割に届かないが、ここぞというところで点が取れているうちはそんなに心配しなくても良いかな。

投手陣が好調なだけに、高橋はエラーでも気落ちせず、あの場面は1点で留めて欲しかったところ。すると、今後の登板での自信に繋がっただろう。もったいない3失点だったな、と思う。

さて、できれば明日も勝って貯金2として中日3連戦を迎えたいところだ。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link