【Swallows】由規、4回3失点で無念の敗戦(4/1:vs BayStars)

4月1日(日) 対 BayStars 3回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 1
BayStars 0 0 1 2 0 0 0 0 X 3 6 0
勝投手 京山 (1勝0敗0S)
敗投手 由規 (0勝1敗0S)
セーブ 山崎 (0勝0敗1S)
降板する由規

四回を投げ終え、由規は厳しい表情でベンチに戻った (撮影・長尾みなみ)

ヤクルト、開幕3連勝ならず…乱調の由規は
2軍調整、代役は山中?

セ・リーグ BayStars 3-1 Swallows
3回戦 Swallows2勝1敗(横浜スタジアム)

ヤクルトはDeNAに1-3で敗れた。由規投手(28)が4回5安打3失点と乱れ、2008年以来となる開幕3連勝はならなかった。2軍での再調整が決まった右腕は、声を落とした。

情報源: ヤクルト、開幕3連勝ならず…乱調の由規は2軍調整、代役は山中? – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合感想

Swallowsの先発は由規。なるべく少ない球数で5回を投げきってローテーションの一角に入って欲しい。対するBayStarsの先発は入団2年目にして初先発・初登板の京山将弥。未知数の投手に対してSwallows攻撃陣はどう対処していくのか。

1回裏、由規は3四球(敬遠1)、ショート廣岡の落球等で2アウト満塁のピンチを招くも、嶺井をセンターフライに打ち取り何とか0点に抑える。

3回裏、トップバッターのルーキー・神里にフェンス直撃の2ベースヒットを放たれると、桑原がキッチリ送りバントを決め1アウト3塁。ここで3番・筒香がファーストゴロの間に神里が還り1点を先制される。

4回表、青木のヒット、川端の四球で2アウト1、2塁とチャンスを得るが、坂口がセカンドゴロに倒れ無得点に終わり、同点のチャンスを逃す。

その裏、先頭の宮崎、嶺井と連続ヒット、続く大和が四球を選びノーアウト満塁のピンチ。京山を三振に取るも打順がトップに返って倉本。ランナーフルベースからライト前タイムリーで2人が還り0-3となる。その後、神里をセンターフライ、桑原を空振り三振にしとめ、この回2失点とし、5回表に代打を出され由規は4回3失点で降板となる。

その5回表、1アウトから中村がレフトへ2ベースを放ち1アウト2塁。このチャンスに由規の代打・畠山はセンターフライに倒れるも、ここまで開幕からノーヒットの山田哲人がライト前タイムリーヒットを放ち、1点を返して1-3。ようやく山田に1本が出た。続く山崎は倒れ、この回は1点を返すに留まった。

その後はSwallosは山中→中尾→近藤と継投してBayStas打線を0点に抑える。BayStarsは京山が5回を投げきって1失点に抑え、勝利投手の権利を得てマウンドを降り、6回からは三上→井納→パットン→山崎とつなぐ。9回表、1アウト1、2塁のチャンスを得るも廣岡が6-4-3のゲッツーに倒れゲームセット。Swallowsは開幕3連勝を逃し、初黒星。

由規は球が大荒れで、ストライク・ボールがハッキリしていた。球数も4回で77球とやや多くなり、ここでの降板は仕方ないか。この日は京山に対して打線がほぼ沈黙。チャンスらしいチャンスは5回表の1点を取ったシーンと最終回くらいで、BayStarsの投手陣にしてやられた。

注目すべき点は、Swallows投手陣が大崩れしないこと。この3試合全て失点3で抑え、打線の頑張りで2勝を得ている。特に、6番に座った坂口が今季は慣れないファーストの守備をこなしながら、打率5割を超える調子の良さ。廣岡も、この日はエラーがあったものの4割を売っている。この6番、7番が好調なことと、ここぞというところでタイムリーが打てる4番・青木、5番・川端がいる事だろう。これで山田やバレンティンの打撃に火がついたら、火ヤク庫と呼ばれた打線が復活するだろう。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link