【燕】先発・山田大樹が2回もたず大敗、打線も零封される

試合結果

06月28日(日) 対Giants 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 5 0 3 0 1 0 0 3 12 13 1
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
勝投手 サンチェス (2勝0敗)
敗投手 山田大樹 (0勝2敗)
Giants 岡本和真4号(ソロ) (6回:近藤)
Giants 石川慎吾1号(3ラン) (9回:中澤)

【試合概要】

Swallows先発は、前回Dragons戦で7回3失点ながら
打線の援護無く敗戦投手となった山田大樹。
一方Giantsの先発は、前回Tigers戦で5回2/3を投げ1失点と
好投したサンチェス。

試合は2回表で決まった。

1死後、四球2つと安打で満塁とされ、2死を取るも
1番打者の増田大輝に押し出しの四球を与え1失点。
続く丸佳浩に右前2点適時打を打たれる。
ここで山田から寺島成輝にスイッチ。
山田は1回2/3で5失点と不甲斐ない投球内容だった。
寺島は3番・坂本勇人に左前適時打を打たれさらに1点を失い、
4番・岡本和真にも中前適時打を打たれ、計5失点。

4回表、遊撃手・エスコバーの失策で走者を出すと、
1死後に坂本の左前適時打で1点を失う。
安打でさらに走者を出すと、2死を取ったが
6番・亀井善行に2点適時打を放たれさらに2点を失う。
寺島は5回表まで投げて3失点(自責点0)。

6回表には3番手・近藤一樹が岡本に左翼席へ運ばれるソロ本塁打を浴び
さらに1失点。

9回表には5番手・昨日、4年ぶりに勝利を挙げた中澤雅人が
代打・石川慎吾に3点本塁打を浴び、3失点。
先発、中継ぎと打たれに打たれて12失点。
Swallows打線はサンチェス→澤村拓一→藤岡貴裕→宮國椋丞のリレーの前に
散発5安打で無得点と、こちらも不甲斐ない内容。
0-12で惨敗を喫した。

Swallowsで良かった点を敢えて挙げるとするならば、
7回、8回を打者6人(与四球1)で抑えた梅野雄吾くらいか。

Giantsの打撃練習にお付き合い頂いた皆さま、お疲れ様でした。

【次試合の予定】

6/30(火) Swallows vs Carp 1回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Swallows イノーア
Carp K.ジョンソン


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link