【Swallows】 ブキャナン初完封!山田に久々の1発!(6/17:vs Fighters)

6月17日(土) 対Fighters 2回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Fighters 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
Swallows 0 0 3 1 0 0 1 0 X 5 9 0

勝:ブキャナン(Swallows)4勝4敗
負:メンドーサ(Fighters)2勝5敗
本:山田8号③(Swallows)、大引4号①

試合概要

Swallowsの先発は、今一番Swallowsで安定したピッチングをしているブキャナン。対するFightersは調子の上がらないメンドーサ。

1回裏、Swallowsは坂口がヒットで出塁、上田が送って1アウト2塁のチャンス。しかし、山田、雄平と内野ゴロに倒れ先制のチャンスを逃す。

しかし3回裏、2アウトから坂口、上田の連続ヒットで2アウト1、2塁とすると、3番・山田が久しぶりの一発をレフトスタンドにたたき込み、3点をSwallowsが先制する。

3回まで三者凡退の完璧なピッチングを披露していた先発・ブキャナンは、4回表に2アウトからこの日3番の中田に四球、レアードにライト前ヒットを打たれ2アウト1、2塁とこの日初めてのピンチを迎える。しかし、5番・大田泰示を空振り三振に斬ってとり、無失点でピンチをしのぐ。

すると4回裏、先頭の大引がレフトスタンドへソロホームランをたたき込み1点を追加して4-0とする。

6回表、先頭のメンドーサに代打・淺間を起用。しかしショートゴロ。続く西川がセンター前ヒットを放ち、1アウト1塁。そして2番・中島卓也はサードライナー。西川が飛び出しており、帰塁出来ずダブルプレーとなり、3人で攻撃を終える。

6回裏からFightersのマウンドにはエスコバーが上がる。この回は無失点で抑えたが、7回裏、先頭のブキャナンに四球を与える。続く坂口がレフト前ヒットを放ち1、2塁。ここで上田がセーフティバントを決め、ノーアウト満塁。するとFightersはエスコバーから白村にチェンジ。しかし、3番・山田がレフトへ犠牲フライを放ち、1点を追加し5-0。中継プレーの間にミスがあり、1アウト2、3塁とさらにチャンスは続く。しかし、雄平のショートゴロで3塁ランナーの坂口が挟まれ、2アウト1、3塁。荒木はセンターフライに倒れ、追加点はならず。

先発・ブキャナンは7回表、8回表も三者凡退に抑え、9回表もマウンドへ。2アウトからヒットを許したものの、最後の打者・中田をサードゴロに打ち取りゲームセット。5-0でブキャナンは来日初完封勝利を飾り4勝目。また、山田が久しぶりの一発を含む4打点を挙げ、Swallowsは今季2度目の4連勝となった。

Benjaminの目

ブキャナンは本当に好投しながら、打線の援護に恵まれなかったが、この日は先制、中押し、ダメ押しと珍しく点を取ってもらえたので、気持ちよく投げていたと思われる。9回を110球、被安打4、奪三振は3つと少なめだが、与四球1で、非常に効率よく抑えていた。バックの助けも大きかったが、初完封勝利を飾り、これで波に乗れると良いなと思う。

打線では、ようやく山田に一発が出た。そして、ダメ押しの犠牲フライで、この場面では最低限の仕事をした。これをきっかけに打撃が上昇気流に乗ってくれれば良いのだが。3安打猛打賞の坂口、2安打の上田と、1、2番コンビが非常に良い仕事をしたので、得点のチャンスが多かったのが良かったと思う。

次の交流戦・最終戦の結果次第で交流戦順位が10~12位のどこかに決まるので、何とか勝って最下位を脱出したいところだ。

スポンサーリンク
Sponsored Link