【燕】山田哲人の満塁弾で逆転勝利!

試合結果

06月27日(土) 対Giants 2回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 0 0 0 4 0 0 2 6 13 0
Swallows 2 0 0 0 0 7 0 0 X 9 13 0
勝投手 中澤雅人 (1勝0敗)
敗投手 高木京介 (0勝1敗)
Giants 岡本和真3号(ソロ) (6回:小川)
Giants パーラ3号(2ラン) (6回:小川)
Swallows 村上宗隆2号(ソロ) (6回:高木)
Swallows 山田哲人4号(満塁) (6回:藤岡)

【試合概要】

Swallows先発は、今季巻き返しを図りたい小川泰弘。
Giants先発は田口麗斗。

Swallowsは1回裏2本の2塁打、暴投からの左前適時打と
3連打で2点を先制する。

Swallows先発・小川は、初回から2死満塁の危機を迎えるも
何とか後続を断つ。
その後も走者は出しつつも5回まではGiants打線を0に抑える。

6回表、この回先頭の岡本和真に投じた2球目がソロ本塁打となる。
1死後、四球の走者を置いてパーラに2点本塁打を打たれ逆転を許す。
さらに2本の2塁打で1点を追加され、4失点となったところで降板。
5回1/3、101球、被安打8、与四球3、奪三振3、被本塁打2、4失点。
後続をリリーフした中澤雅人が抑える。

6回裏、こちらもこの回先頭の4番・村上宗隆が右翼席へソロ本塁打を放ち、
1点差に詰め寄る。
1死後、2本の安打と四球で満塁とすると、
代打・青木宣親が中越え2点適時打を放ち、5-4と逆転に成功する。
さらに坂口智隆が四球で再び1死満塁とすると、
続く山田哲人が左翼席に豪快な満塁本塁打を放ち9-4と突き放す。

9回、長谷川宙輝がマウンドへ。
ヒットの他、ボークなどをはさんで2点を取られたものの、
何とか逃げ切り9-6でSwallowsが勝利。

最後まで胃の痛くなる展開だったが、何とか勝てて良かった、と言うところ。
とりあえず、同一カード3連敗は免れたので充分。
観戦した皆さま、お疲れ様でした。

【明日の予定】

Swallows vs Giants 3回戦
明治神宮野球場 13:00試合開始

【予告先発】

Swallows 山田大樹
Giants サンチェス


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link