【燕】新外国人・イノーア、初回3失点で敗戦、打線も4安打1得点

試合結果

06月23日(火) 対Tigers 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 3 0 0 0 0 1 0 0 0 4 12 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 0
勝投手 青柳晃洋 (1勝0敗)
敗投手 イノーア (0勝1敗)
Tigers マルテ1号(2ラン) (1回:イノーア)

【試合概要】

Swallows先発は新外国人のイノーア。
Tigers先発は昨年に引き続き先発陣の一角を任された青柳晃洋。

試合は初回で決まったようなものだった。
先頭の近本光司に右2塁打を放たれピンチを背負うと、
1アウト後に3番・糸井嘉男に一塁線を抜ける2塁打で1失点。
続く4番・マルテに粘られたあとの9球目を左中間席に運ばれる2点本塁打で2失点。
初回に合計3失点と主導権を握られた。

対するTigers先発・青柳は初回こそ球が浮き気味だったが
その後は低め、そしてコースを丁寧につくピッチングで4回まで無安打に抑える。
結局5回にSwallows5番・山崎晃大朗にチーム初安打となる2塁打を打たれるが、
7回先頭の青木宣親に死球を与えたところで降板。
6回0/3を1安打2四死球3奪三振の無失点でマウンドを後続に託す。

イノーアは毎回のようにランナーを出すものの何とか2回以降は抑えてきたが
6回、マルテ、福留孝介に連続安打を打たれたところで降板。
5回0/3を被安打9うち被本塁打1、四死球0、2奪三振4失点という内容。

Swallowsは中澤雅人が6回をしのぎ、7回・8回を寺島成輝が1安打無失点で抑える。
9回表には長谷川宙輝がランナー2人を出すものの糸井を投ゴロに抑え、
中継ぎ陣が踏ん張り試合を崩さなかった。

Tigersは岩崎優、スアレスと繋いで最後は藤川球児。
先頭の坂口智隆、2番・山田哲人を力のある速球で打ち取るが、
3番・青木宣親にあわや本塁打となる2塁打を左中間に放たれる。
続く4番・村上宗隆は藤川の決め球・フォークを上手く左前に弾き返し
何とか2試合連続の完封負けは免れたが、
最後は5番・山崎が左飛に倒れゲームセット。

Tigers投手陣の前に打線が沈黙した一戦だった。
観戦した皆さま、お疲れ様でした。

【明日の予定】

Swallows vs Tigers 2回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

【予告先発】

Swallows スアレス
Tigers ガンケル


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link