【燕】散発4安打で完封負け、開幕カード負け越し

試合結果

06月21日(日) 対Dragons 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Dragons 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3 8 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
勝投手 梅津晃大 (1勝0敗)
敗投手 山田大樹 (0勝1敗)
セーブ 岡田俊哉 (0勝0敗2S)
Dragons 京田陽太1号(2ラン) (1回:山田大)

【試合概要】

Swallows先発は左腕の山田大樹。
今季は先発ローテーションの一角として頑張って欲しい。
Dragons先発は梅津晃大。

試合が動いたのは2回表。
2死から阿部寿樹が左前安打で出塁。
続く京田陽太が甘く入った高めの直球を強振。
打球は右翼席に飛び込む2点本塁打でDragonsが先制。

試合が動いたのは2回表。
2死から阿部寿樹が左前安打で出塁。
続く京田陽太が甘く入った高めの直球を強振。
打球は右翼席に飛び込む2点本塁打でDragonsが先制。

6回表、Dragonsはこの回先頭の梅津晃大が中越え2塁打で出塁。
犠打で3塁に進むと、2死3塁から3番・福田永将が投手強襲の安打で
Dragonsは1点を追加。3-0とする。

梅津は7回を投げ切り無失点。
後続をR.マルティネス、岡田俊哉が締めてDragonsが3-0と完封勝利。
Swallowsは開幕カードを負け越しでスタートすることとなった。

先発・山田大樹は3点を失ったが、7回を投げ切りQSは記録した。
京田に本塁打を与えた一球と、3点目の処理以外は無難な投球。
捕手・嶋基宏も上手くリードしていた。

一方、打線は散発4安打と、前日・前々日と比べ辺りが止まっていた。
特に青木のバットから快音が聞かれないのが気がかり。
塩見泰隆は良い当たりはするものの、野手の正面に飛んだり
ファインプレーに阻まれるなど、やや不運が続いている。
ここで腐らずに頑張って欲しい。

【次試合の予定】

Swallows vs Tigers 1回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

【予告先発】

Swallows:イノーア
Tigers:青柳晃洋


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link