【Swallows】小川、突如乱れ大敗

試合結果

05月10日(金) 対Giants 7回戦(東京ドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 2 0 3 0 1 1 0 0 7 7 1
Giants 0 0 0 5 5 0 8 1 X 19 23 0
勝投手 野上 (1勝1敗)
敗投手 小川 (1勝4敗)
Swallows 西浦4号(2ラン) (2回:ヤングマン)
Giants 岡本8号(ソロ) (5回:小川)
Giants 亀井4号(ソロ) (5回:小川)
Swallows 渡邉1号(ソロ) (6回:田口)
Swallows 山田哲9号(ソロ) (7回:田口)
Giants 田中俊2号(満塁) (7回:中尾)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Giants VS Swallows 7回戦(東京ドーム)

Giants先発はヤングマン、Swallows先発は小川泰弘。投手戦が予想されたが意外な展開となった。

2回表、2アウト1塁から西浦直亨がレフトスタンドへ先制の2ランホームランを放つ。

4回表、山田哲人、雄平、村上宗隆と連続四球でノーアウト満塁とすると、再び西浦がセンターへタイムリーヒットを放ち1点を追加。1アウト後、小川は押し出しの四球を選び0-4。2アウト後、山崎晃大朗がショートへの内野安打でさらに1点を追加し、0-5とする。

4回裏、丸佳浩、岡本和真の連続ヒットでノーアウト1、2塁とすると、亀井善行がセンター前タイムリーヒットで1点を返す。山本泰寛が四球を選び満塁とすると、田中俊太がセンターへの犠牲フライを放ち2-5。代打・大城卓三がまた四球を選んで満塁とすると、代打・阿部慎之助の当たりはピッチャーゴロ。しかしこれを小川が悪送球でランナー2人を返してしまい、4-5となる。2アウト後、ランナー1、3塁から坂本勇人がセンターへの同点タイムリーヒットで5-5の同点となる。

5回裏、この回先頭の岡本がレフトスタンドへのソロホームランで6-5と勝ち越すと、続く亀井もレフトスタンドへ運び、7-5とする。2アウト後、大城がセンター前ヒット、阿部が内野安打で出塁し1、2塁。ここで小川を諦めピッチャー・大下佑馬をマウンドへ。代打・陽岱鋼はショートへの内野安打で満塁となる。続く坂本勇人が走者一掃のタイムリー2ベースで10-5となる。

6回表、1アウトから代打・渡邉大樹がプロ初安打となるホームランを放ち、1点を返す。

7回表、1アウトから山田哲人がレフトスタンド上段へ運ぶソロホームランを放ち、10-7とする。

7回裏、マウンドには6回に引き続き風張連が上がる。先頭の大城がヒットで出塁すると、代打・中島裕之は四球を選ぶ。陽はセンター前ヒットで満塁とすると、風張に代わって中尾輝がマウンドへ。坂本勇人はサードライナーに打ち取るも、続く丸に押し出しの四球を与えてしまう。そして岡本にはタイムリーヒットを浴び、12-7。代打・石川慎吾はセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち14-7。山本はポテンヒットで出塁し再び満塁とすると、田中俊太がトドメとなるバックスクリーン右への満塁ホームランを放ち、18-7。

Giantsは8回裏にも石川のタイムリー2ベースヒットで1点を取り、終わってみれば19-7の大差の試合となった。

————

小川が自らの悪送球から自滅した試合。その後の失点は、各投手のことごとく浮いた球を狙われてしまった。先発が小川だったので準備不足もあるだろうが、19失点はさすがにいただけない。

それでも7点は取っていたのだから、打線はまあ仕事をしたと言えよう。

とりあえず、これだけの大敗はあまり引きずることは無いと思いたい。切り替えて次の試合に臨んで欲しい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link