【燕】終盤の追い上げ届かず、来日初先発クック6失点 (08/22)

試合結果

08月22日(土) 対Tigers 11回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 3 0 0 3 1 0 0 0 0 7 11 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 1 4 0 5 8 0
勝投手 西勇輝 (4勝3敗0S)
敗投手 クック (0勝1敗0S)
セーブ スアレス (0勝0敗9S)
Tigers 大山悠輔12号(3ラン) (1回:クック)
Swallows 村上宗隆10号(ソロ) (7回:西)
Swallows 青木宣親9号(満塁) (8回:岩貞)

【試合概要】

ゲーム展開

Swallows先発は来日初登板、初先発となるクック。一体どんな投球を見せるのか。対するTigersは防御率2.42と安定感のある西勇輝。両先発で試合開始。

初回、クックは簡単に2アウトを取ったものの3番・糸井嘉男に四球、4番・サンズに死球を与え2死1、2塁とピンチを迎える。そして、これに動揺したのか5番・大山悠輔に2球目、外角高めのストレートをライトスタンドに弾き返され、いきなり3点を先制される。Swallowsの悪いパターンは今日も続く。

2回、3回を抑えて立ち直りつつあった4回、空振り三振2つで2アウトを取ったあと、8番・木浪聖也にライト前ヒットを許す。続く9番・ピッチャーの西勇輝。2ボール1ストライクからの4球目、やや外寄りのカットボールを叩き、これが右中間を破るタイムリーツーベースヒット。Tigersが1点を追加する。打順はトップに返って近本光司。2球目、外寄りの浮いたカットボールをレフトへ。ライナー性の打球で照明が目に入ったか、青木宣親、これに触れることが出来ず打球はフェンスへと転々とする。記録は近本のスリーベースヒット。これで5点目を取られる。さらに2番・上本博紀には3球目の外角ストレートをライト線フェンス際まで運ぶツーベースヒットでさらに1点を追加。2アウトからの4連打でTigersが3点をさらに追加、0-6とする。

クックは4回で降板。70球、被安打7、被本塁打1、奪三振2、与四球1、与死球1、失点6(自責点6)という、非常にほろ苦いデビュー戦のマウンドとなった。

5回表からは2人目の今野隆太がマウンドへ。先頭打者の4番・サンズにフルカウントからの6球目を高々と打ち上げ、ライトフェンス直撃のツーベースヒットで出塁。ノーアウトランナー2塁。続く5番・大山悠輔は5球目の外角低めのフォークボールを捉え、レフト前ヒット。これでノーアウトランナー1、3塁。6番・梅野隆太郎は空振り三振に斬って取ったが、続くボーアのボテボテのファーストゴロの間に3塁ランナーが還り、Tigersが7点目を取った。

西勇輝は6回まで、Swallowsに許したヒットは1本、出した走者は3人という非常に素晴らしいピッチングであったが、7回裏、1アウトから4番・村上宗隆を迎える。1ボール2ストライクからファウルで粘って6球目、内角の球をフルスイング!打った瞬間それと分かる打球はライトスタンドの上段へ飛び込む第10号のソロホームランで、Swallowsが1点を返す。

西は7回までを投げ116球、被安打3、被本塁打1、奪三振6、与四球2、失点1(自責点1)という素晴らしいピッチングで、勝利投手の権利を得て後続に託した。

8回裏、Tigersは2番手に尾仲祐哉をマウンドへ。Swallowsは1アウトから代打・川端慎吾がセンター前ヒットで出塁。トップに返って坂口智隆が四球を選び、山田哲人がセンター前にポトリと落ちるポテンヒットで1アウト満塁のチャンス。ここで迎えるは3番・青木宣親。今日は守備でも走塁でもあまり良いところがなかったが、挽回できるか。Tigersは尾仲から3番手・岩貞祐太をマウンドへ。青木は岩貞の3球目、真ん中に入ったスライダーを強振。これがほぼライナーでライトスタンドへ飛び込む満塁ホームラン!Swallowsが5-7と2点差に詰め寄る。

9回裏、Tigersは守護神、スアレスをマウンドへ。Swallowsは先頭打者・代打の山崎晃大朗がライト前ヒットで出塁。川端は三振に倒れたが坂口が四球を選び、1アウト1、2塁とチャンスを作る。しかし、山田が空振り三振、先ほど満塁ホームランを打った青木がセンターフライに倒れ、試合終了。5-7でTigersが勝ち、連勝。Swallowsは6位・Carpと0.5ゲーム差に縮まり、あとが無い状況だ。

試合感想

決め球がどの球種でも浮いてしまったクックは、もっと調整しないと先発としては使えないな、という印象。守備の乱れがあったにしても、5回3失点で留めておけば試合は分からなかったかもしれない。Swallowsの先発陣、全員に言えることであるが。

そんな中、風張蓮が2回を何とか抑えていたので、無駄な四球を無くせば貴重な中継ぎとして使えるかもしれない。マクガフも1回だけなら何とか、抑えられるくらいには調子が戻ってきた。

打線は、火が付くのが遅かった。西の前に3安打ではなかなか勝機は見いだせない。中継ぎ陣の出来が良いTigersから7点差を追い付くのは至難の業である。ただ、2点差まで追い上げたことに関しては良くやったかな、と。最終回はもっと粘り強くせめて欲しかったなぁ。

連敗でそろそろ近年の『定位置』が見えてきたSwallowsですが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

08/23(日) Swallows VS Tigers 12回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Tigers 秋山拓巳
Swallows 小川泰弘


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。