【Swallows】打線に元気無く連勝は3でストップ

試合結果

05月01日(水) 対BayStars 5回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
BayStars 0 0 1 0 0 4 0 0 0 5 9 0
勝投手 大貫 (2勝1敗)
敗投手 高橋 (0勝1敗)
Swallows 村上7号(ソロ) (7回:大貫)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ BayStars VS Swallows 5回戦(横浜スタジアム)

BayStarsの先発はルーキーの大貫晋一。Swallowsの先発は昨年、頭角を現してきた高橋奎二。

2回裏、Swallowsの4番・バレンティンが突如下がり、急遽レフトに荒木貴裕が入る。上半身のコンディション不良とのことだが、4番の不在は痛い。

3回裏、2アウト2塁から大和がセンター前タイムリーヒットを放ち、BayStarsが1点を先制する。

さらに6回裏、1アウト2塁からソトがタイムリー2ベースでさらに1点を追加。2-0とすると、2アウト1、2塁から宮﨑敏郎がレフトへのタイムリー2ベースヒットを放ち3点目。ここで、高橋を下げ、近藤一樹がマウンドへ。しかし、続く神里和毅にレフトへ2点タイムリー2ベースを打たれ5-0とされる。

7回表、この回先頭の村上宗隆がライトスタンドへソロホームランを放つが反撃はこれだけ。

最後は9回表、BayStarsの守護神・山崎康晃に抑えられゲームセット。5-1でSwallowsは完敗。

————

高橋奎二を6回まで引っ張ったのが裏目に出たか。1-0のままなら後半勝負になったが、あの回に4点取られたことで万事休すといった感じだ。

また、打線もルーキー・大貫の前にランナーは出すものの要所を締められ得点できず、村上のソロによる1点のみと元気が無かった。

継投の失敗と打線の沈黙の両方が合わさって、まさに完敗。気持ちを切り替えてまた明日に臨んで欲しい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link