【燕】石川が崩れ反撃も時既に遅し、V完全消滅 (10/14)

試合結果

10月14日(水) 対BayStars 23回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 1 0 3 0 1 4 0 0 0 9 12 0
Swallows 0 0 0 0 1 0 0 5 0 6 7 1
勝投手 坂本裕哉 (4勝1敗0S)
敗投手 石川雅規 (1勝7敗0S)
セーブ 三嶋一輝 (1勝1敗14S)
BayStars 佐野恵太18号(ソロ) (5回:石川)
Swallows 西浦直亨8号(ソロ) (5回:坂本)
Swallows 西浦直亨9号(3ラン) (8回:進藤)

【試合概要】

ゲーム展開

Swallowsの先発は、今季まだ1勝の40歳・石川雅規。早い回での失点により崩れるパターンが多いので、何とか5回まで粘って投げてもらいたい。対するBayStarsの先発はルーキーの坂本裕哉。ここまで7試合に先発して3勝1敗、うち2勝はSwallows相手と、Swallowsに対して相性が良い。両先発で試合開始。

まず1回表、BayStarsの攻撃。1アウトから2番・ソトがフルカウントから空振り。しかし、ボールがワンバウンドし西田明央が大きく弾いて振り逃げで出塁。続くオースティンには四球を与え1アウト1、2塁のピンチ。4番・佐野恵太は空振り三振に打ち取り2アウト。しかし、宮﨑敏郎にほぼ真ん中に入ったチェンジアップを打たれこれが三遊間を破るヒット!2塁ランナーがホームに還りBayStarsが1点を先制する。【ヤ0-1D】

3回表、BayStarsの攻撃。この回先頭のトップバッター・梶谷隆幸が甘く入ったカットボールをセンター前へ運び出塁。続くソトは大きな当たりだがライトフライに打ち取った。しかし、オースティンに外角のシュートをライト前に運ばれ、さらにエンドランがかかっていたので梶谷は3塁へ。1アウト1、3塁のピンチ。4番・佐野は空振り三振に打ち取り2アウトとする。だが、宮﨑に外角低めのシンカーを上手く捉えてセンター前へ。3塁ランナー生還しBayStarsが2点目を追加。宮﨑は2打席連続タイムリーヒット。続く倉本寿彦の当たりはピッチャー返し。転がった打球を山田が素手で掴みファーストへ送球するがこれが悪送球となり、3塁ランナー還ってこの回2失点目。記録はピッチャー内野安打と山田哲のエラー。なおも2アウト1、3塁でロペス。粘って8球目、外角の際どいシュートをライト線に運ばれるタイムリーツーベースヒット。これでこの回3点目を失う。【ヤ0-4D】

5回表、BayStarsの攻撃。この回の先頭は4番・佐野から。1ボール1ストライクからの3球目、腰の高さのチェンジアップを完璧に捉え、打球はライトスタンド中段へ入るソロホームラン。さらにBayStarsに1点を追加される。【ヤ0-5D】

5回裏、Swallowsの攻撃。この回の先頭は8番・西浦直亨。坂本の初球、高めのストレートを思い切り叩いた打球はそのまま左中間スタンドに飛び込む第8号ソロホームラン!これでSwallowsが1点を返す。【ヤ1-5D】

6回表、BayStarsの攻撃。この回からSwallowsは2番手に風張蓮をマウンドへ。しかし、先頭バッターの伊藤光をフルカウントから四球で歩かせてしまう。BayStarsはここまで好投した坂本に代えて代打・楠本泰史。楠本には初球、外角のシュートを流し打ち、レフト線を破るツーベースヒット。これでノーアウト2、3塁とピンチを迎える。打順はトップに返って梶谷。しかしフルカウントからまたしても四球で歩かせ、ノーアウト満塁のピンチ。続くソトは2球目、真ん中に近いストレートをレフト前に痛烈なクリーンヒットを打たれ、3塁ランナーが生還し1点を追加される。続くオースティンにも2球目の真ん中に入ったシュートを綺麗なセンター返し。2者が生還し、さらに2点を追加される。なおもノーアウト1、3塁。佐野をサードゴロに打ち取り1アウトを取るが、三度、宮﨑に初球のど真ん中に入ったスライダーをセンター前に打ち返され、3塁ランナーが生還。さらに1点を追加される。【ヤ1-9D】

8回裏、Swallowsの攻撃。BayStarsはこの回から4人目の武藤祐太がマウンドへ。この回先頭の坂口智隆がセンター返しで出塁。ノーアウトのランナーを出す。坂口には代走で田代将太郎が起用される。山田哲人がレフトフライ、村上宗隆が見逃し三振に倒れ2アウトとなる。青木宣親はストレートの四球を選び、2アウト1、2塁。青木には代走・濱田太貴が起用される。続く西田が初球を引っ張りレフトへの浅いフライ。これを佐野が捕れずヒットとなり田代が生還、1点を返す。なおも2アウト1、3塁で中山翔太に代えて宮本丈を起用。これが見事に当たり、3球目の内角ストレートを思い切り引っ張った打球はライト線を破るツーベースヒット!これでさらに1点を追加。なおも2アウト2、3塁。ここでBayStarsは武藤から5人目の進藤拓也にスイッチ。続く西浦が8球粘った後の9球目。真ん中寄りに入ったスライダーを上手く捉えた打球はレフトへ大きく上がりそのままスタンドイン!西浦の3ランホームランでさらに3点を追加、点差を3点と縮める。【ヤ6-9D】

しかし、9回裏は三嶋一輝の前に、1アウトから四球でランナーを出すが後続を断たれそのまま試合終了。Swallowsは4連敗を喫し、優勝の可能性が完全に消滅した。

試合感想

先発の石川は、微妙なコントロールと球威で苦しんでいたようだ。コースは良いのだが球威がないので外野に運ばれてしまったり、カウントを悪くして決め球が真ん中に寄ってしまったり。この状態だと相手の打線を抑えるのはかなり厳しい。変化球のキレ、配球など、改善すべき点が多いように感じる。5回は投げたが5失点では、今のSwallows打線はなかなか厳しい点差である。

1点返した後の風張蓮の投球はもっと深刻で、ほぼ真ん中に入った球を痛打されて4失点。これでは中継ぎとしても使いどころがないので、近いうちに2軍行きだと思われる。

打線については、終盤に5点を取って追い上げたが、時既に遅し。4番・村上が調子を落としており、基本的には青木頼みか、伏兵の一発による得点しか今のところ点を取るイメージができない。ボールをよく見て粘る姿勢を見せるだけでも、相手投手は精神的にしんどいので、簡単にアウトになるような打撃をしないよう心がけて欲しい。

西浦直亨の、特に2本目の3ランホームランは良かった。このところ、チャンスで不甲斐ない結果に終わっていたので、汚名返上。今日の2本がきっかけとなってくれれば良いのだが。

4連敗で、優勝が完全に無くなったわけだが、順位を上げることはまだできるので、諦めずに少しずつ差を縮めて欲しい。最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 10/15(木)
対戦カード Swallows VS BayStars
対戦 24回戦
球場 明治神宮野球場
試合開始時間 18:00

予告先発

BayStars 平良拳太郎
Swallows 吉田大喜
スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。