【Swallows】山口俊の前になすすべ無く0封負け

試合結果

04月23日(火) 対Giants 4回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 1 0 1 1 0 0 0 2 4 9 14 1
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2
勝投手 山口 (4勝0敗)
敗投手 (2勝1敗)
Giants 丸6号(ソロ) (9回:田川)

【試合概要・感想】

【ヤクルト】内野安打のみ完敗 青木3K、山口に脱帽(スポーツ報知) - Yahoo!ニ...
◆ヤクルト0―9巨人(23日・神宮) 山口相手に手も足も出ず、代打の上田が6回1死 - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)
Yahoo!ニュース
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000018-sph-base

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Giants 4回戦(明治神宮野球場)

Swallows先発は原樹理。Giants先発は山口俊。GW前の首位攻防戦、果たして初戦はどうなったのか。

初回、先頭の坂本勇人に2ベースヒットを打たれる。丸佳浩のセカンドゴロの間に坂本は3塁へ。ここで3番に入ったビヤヌエバがライトへの犠牲フライを放ち、Giantsが1点を先制する。

3回表、先頭の小林誠司がセンター前ヒットで出塁すると、山口は送りバントをきっちりと決め1アウト2塁。ここで原がワイルドピッチを2度記録し、小林はホームへ帰ってくる。これで0-2。

4回表、先頭のビヤヌエバがレフト前ヒットで出塁。1アウト後、5番・亀井善行がライトへのタイムリー2ベースを放ち3点目。

Swallows打線はこの日は山口の前に7回までの出塁が内野安打1本、四球2個と全く良いところがなく、チャンスを迎えることが出来ない。

8回表、この回のマウンドは中尾輝。1アウト後、ゲレーロに四球を与え、代打・中島裕之がフェンス直撃の2塁打を放ち1アウト2、3塁のチャンス。ここで小林がレフト前タイムリーヒットで2点を追加、0-5とする。

9回表、マウンドには中尾に代わって田川賢吾が上がる。しかし、先頭の丸にレフトへソロホームランを浴びてしまう。その後は2アウトを取るが、代打・陽岱鋼にヒット、重信慎之介はセカンド・山田哲人のエラーで出塁。するとプロ4年目・増田大輝がレフトへのタイムリーヒットを放ち1点追加。さらに小林はこの日4安打目となるレフト前ヒットでさらに1点追加、0-8。そして、山口の代打・大城卓三が2アウト1、3塁からレフト前にタイムリーを放ち0-9とこの回打者一巡で4点を加える。

最後は宮國椋丞が内野安打とヒットでノーアウト1、2塁とこの日初めてSwallowsにチャンスを与えるが、山田・バレンティン・雄平をきっちりと抑えゲームセット。原は6回3失点(自責点3)と試合は作ったものの、山口の前に1点も取れず、終わってみれば0-9の完敗。首位・Giantsとのゲーム差を離されてしまった。

————

数字だけ見ると、原樹理は試合を作った様に見える。しかし、要所要所で甘い球を打たれ、失点を重ねてしまった。その間、打線も完全に沈黙し、反撃のチャンスすら与えられなかった。完全に、山口俊の前に脱帽、といった展開だった。

長いシーズン、こう言う試合もあるので、あまりあとに引きずらないことが肝心。気持ちを入れ替えて、明日の試合に臨んでもらいたい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link