【Swallows】 久しぶりの快勝!

4月15日(土) 対BayStars 5回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 1 3 1 0 0 0 0 0 2 7 11 0
BayStars 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 8 2

勝:小川(Swallows)1勝2敗
負:石田(BayStars)2敗
本:山田2号①(Swallows)

Benjaminの目

BayStarsの先発は石田、Swallowsの先発は小川。小川はここまで良いピッチングをしていながら、味方の援護に恵まれず勝ち星無しの2敗であった。

しかし、この日は違った。まず初回、先頭バッターの山田がフルカウントから左中間スタンドへ突き刺さる先制のソロホームランでまず1点。続く2回には鵜久森、中村の連続ヒットから、1アウト後に谷内がレフトへタイムリーツーベースヒット!さらにピッチャー・小川がランナー2、3塁からセンターへ2点タイムリーヒット!自らを援護射撃して、0-4とリードを広げる。さらに3回表には畠山がヒットで出塁、暴投で2塁に進んだあと、中村のセカンドへの打球を柴田が逸らしさらに1点を追加。3回を終えて0-5と、小川にとって十分な援護を与えることができた。

4回裏に2アウト1、2塁から倉本にライト前タイムリーヒットを打たれ、1点を返されるものの、後続を締める。

その後、石田、小川の投げ合いで、両チーム共にチャンスは迎えるもののこれを捉えることができず、1-5のまま終盤へ。

9回表、ここまで115球を投げた小川に代わり代打・比屋根。期待に応え、ヒットで出塁。相手投手の暴投で2塁に進み、山田が四球を選びノーアウト1、2塁のチャンス。雄平はショートゴロでゲッツーかと思われたが、セカンド・宮崎の悪送球の間に1点を追加。2アウト2塁となったあと、4番・畠山がセンターへのタイムリーツーベースヒットでさらに1点を追加し、1-7とする。

9回裏、マウンドには原樹里が上がる。先頭の戸柱にヒットを打たれるものの、2アウト2塁までこぎ着けたが、桑原にセンターへタイムリーヒットを打たれ、1点を返される。しかし、続く代打・乙坂をファウルフライに斬ってとり、ゲームセット。2-7でSwallowsが久しぶりに快勝した。11安打と二桁安打も久しぶりじゃないだろうか。

投手陣も、小川は8回1失点に抑え、先発として十分な働きをしてくれていた。ようやく、打線が応えた形になり、この試合をきっかけにして少しずつ上を目指して、打撃陣の調子も上向いて欲しいところである。

スポンサーリンク
Sponsored Link