【Swallows】 小川の好投に雄平が応えた!!

4月29日(土) 対Giants 4回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2 7 1

勝:小川(Swallows)3勝2敗
負:篠原(Giants)1勝1敗
本:雄平2号②(Swallows)

試合概要

Swallowsの先発は小川、Giantsの先発は田口で始まった。

まず初回、Giantsは先頭の立岡の2塁打から1アウト3塁のチャンスを作るが、坂本がレフトフライ、阿部が空振り三振で先制のチャンスを逃す。

その裏Swallowsは先頭の坂口がヒットで出塁。送りバントと田口の暴投で1アウト3塁とした後、山田が四球で歩き、1アウト1、3塁のチャンス。ここで4番・バレンティンがファーストゴロ。3塁ランナー坂口もタッチアウトで結果的にダブルプレーでチャンスを逸してしまった。

その後、両軍ともにランナーを出すもののあと一本が出ず0-0のまま7回の裏、1アウトからバレンティンが四球で歩くと、続く5番・雄平がライトスタンドへ2ランホームラン!!Swallowsが先制する。なんと、4試合ぶりのGiants戦での得点である。

直後の8回表、小川続投で2アウト1、2塁の場面で阿部にタイムリーヒットを放たれ、2-1と1点差に詰め寄られる。すかさず石山にスイッチ。Giantsも阿部に代走・寺内を起用。一気に逆転を狙う。石山暴投で2アウト2、3塁の一打逆転の場面で、石山がマギーを見逃し三振に斬ってとり、最大のピンチを脱する。

8回裏、Swallowsはまたも2アウト1、3塁のチャンスを迎えるが山田がライトフライに倒れ、チャンスを活かすことはできなかった。なお、山田はこの試合3打数無安打でついに打率が.195と2割を切ってしまった。

9回表、抑えの切り札・秋吉をマウンドへ。2アウトから代打・亀井を四球で歩かせる。続く中川に代打・村田。また、亀井に代走・重信を起用。しかし、村田をショートゴロに打ち取りゲームセット。今季Giants戦4試合目にして接戦をものにして初白星を挙げた。

Benjaminの目

小川が7回2/3を121球1失点の力投。これに、雄平が2ランで応えた。今日はこの二人がヒーローである。しかし、小川は昨年はランナーを塁に出すと崩れることが多かったが、今季は2敗しているものの粘りのピッチングができている。ここぞという場面では力のある速球で押さえ込んだりと、中村のリードもあるのだろうが、かなりよく頑張って投げている。球数が多いので、夏場のスタミナは心配ではあるが、その頃には打線が復活しているだろう(願望)。

山田はついに2割を切ってしまった。かといって代わりのセカンドがいるかと言われると微妙ではあるが、1週間くらい休ませたらどうだろうか。焦りからか、バッティングポイントがずれている。四球が多いので、選球眼に問題は無いだろうが、ミートポイントが少し遅れている。WBCの疲れもあるのだろうが、腰の回転が鈍いと思われるので、多少の休養と気分転換を奨めたい。畠山、あるいは川端がいればすぐにでも実行して欲しいのだが・・・。

それにしても、4試合目でようやくGiantsに勝利した。あまり苦手意識を持ってはもらいたくないが、マイコラスには全く打ててないし、【野村ID野球】のように、データをもっと重視する闘いを行っても良いのではないか。実際、当時と同じように戦力差が歴然としているので、頭を使わないとなかなか上位陣には勝てないと思われる。

勝ちパターンも、石山ー秋吉のリレーは決まっているが、その前の一人と、石山の代わりを一人、おけると安定感が変わってくると思われる。そこで、杉浦にはこのポジションで頑張ってもらいたいのだが、どうだろうか。

この日の勝利をより効果的にするため、今日の試合が大変重要になってくる。

【30日(日)の予告先発】
星(Swallows)―内海(Giants)

スポンサーリンク
Sponsored Link