【Swallows】 序盤がすべて。完敗。

4月28日(金) 対Giants 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 4 0 2 1 0 0 0 0 0 7 12 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9 0

勝:マイコラス(Giants)3勝1敗
負:石川(Swallows)2勝2敗
本:マギー4号③(Giants)、石川1号②(Giants)

試合概要

Swallows先発は石川、Giants先発はマイコラス。

初回、石川は四球と連打で1点を先制されると、マギーの打球はレフトポールの遥か上を通りスタンド上段へ。ビデオ判定の結果、本塁打となり、いきなり4点を失う。その後も2塁打、敬遠、ヒットで満塁のピンチを作り、打者一巡とされる。

2回裏、Swallowsは2アウト満塁のチャンスを作るが、大引はファーストゴロに倒れ得点ならず。

すると3回表、四球の長野を1塁において、今季Fightersから移籍してきた石川慎吾にレフトスタンドへ1号2ランを打たれる。そして4回表には、2アウトから坂本の2塁打、村田の内野安打で2アウト1、2塁とすると、マギーが今度はセンターへタイムリーツーベースを放ち7点目。石川はこの回を終えて降板となった。

一方、Swallows打線はマイコラスからヒットは打つものの連打は出ず、6回まで0点の山を築く。7回裏には篠原にスイッチし、1アウト満塁のチャンスを作るが、4番・バレンティンが最悪の6-4-3のゲッツーでチャンスを潰す。

8回の裏にも2アウト2、3塁のチャンスを作るがこれも活かせず無得点。9回裏はカミネロにキッチリ抑えられて、9安打を放ちながら完封リレーされる。マイコラスには今季3試合無得点で完全に押さえ込まれている。

Benjaminの目

ヒットは出るようになったが、相変わらずあと1本が出ない。タイムリー欠乏症はかなりの重症で、これで今季最多の借金7。特に深刻なのは山田哲人。この試合も4打数無安打で、2割を切りそうな感じである。トリプルスリー所の騒ぎではない。雄平、中村を除けば軒並み2割5分以下で、ここ数試合ファーストを守っている武内晋一が今日も2安打で5割後半の打率だが、得点圏で打席が回ってこない。

先発の石川は、初回がすべて。持ち味にして最大の武器であるコントロールが乱れ、甘く入った球を簡単に弾き返されていた。これでは、今の打線では初回でほぼ、戦意喪失しているだろう。まして、ここまで1点も上げられず勝てないマイコラス相手だ。

中継ぎ陣が踏ん張っているので、5回以降は何とか無失点で切り抜けられるのだから、QSをめざし序盤で戦える状態でないと、今のSwallowsに勝利の場面が思い浮かべられないほど、チームとして深刻な状態である。2軍も悲惨な状態だから、選手の入れ替えもままならない。結構、それなりに良い選手をドラフトで取ってるんだけどなぁ・・・。(深いため息)

スポンサーリンク
Sponsored Link