【燕】歳内5年振り勝利投手、先発としては初! (10/01)

試合結果

10月01日(木) 対BayStars 21回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 4 0
BayStars 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
勝投手 歳内宏明 (1勝1敗0S)
敗投手 武藤祐太 (0勝1敗0S)
セーブ 石山泰稚 (3勝2敗15S)

【試合概要】

ゲーム展開

BayStarsの先発は8/10以来、今季2度目の先発となる武藤祐太。前回の先発時は3回を投げて失点1、勝ち負け無しという成績。その後はずっと中継ぎで起用されてきたが、今日はどうか。対するSwallowsの先発は歳内宏明。NPB復帰後3試合目の登板となる。前回は3回もたずに降板、5失点で負け投手となったが、今日は投球内容の修正が出来ているだろうか。両先発で試合開始。

2回表、Swallowsの攻撃。1アウトから5番・坂口智隆が4球目、真ん中の高さに浮いたフォークボールを叩きつけてセンター前ヒット。1アウト1塁。続く西浦直亨の3球目に坂口が盗塁。キャッチャー・戸柱恭孝が悪送球。センターまでボールが転がる間に坂口は3塁へ。1アウト3塁と変わる。西浦はセカンドゴロに倒れて2アウト3塁。続くバッターは7番・西田明央。2ボール2ストライクから1球ファウルで粘った後の6球目、外角のスライダーにバットをちょこんと当てた打球は、ライト前に落ちるタイムリーヒット。Swallowsが1点を先制する。【横0-1ヤ】

2回裏、BayStarsの攻撃。1アウトから5番・宮﨑敏郎に真ん中やや低めのスライダーを捉えられ、レフトオーバーのツーベースヒットを打たれる。続くロペスは空振り三振に仕留め、2アウト2塁。倉本寿彦には2ボールとなったところで申告敬遠で2アウト1、2塁となる。バッターは8番・ピッチャーの武藤。歳内は武藤をフォークで空振り三振に仕留め、ピンチを脱する。

3回表、Swallowsの攻撃。トップバッターの山崎晃大朗がフルカウントから四球を選び出塁。続く2番・青木宣親が1ボール1ストライクから、真ん中に入ったスライダーを打って、1、2塁間を破るライト前ヒット。ランエンドヒットで山崎は3塁へ。ノーアウト1、3塁のチャンス!山田哲人はショートフライに打ち取られるが、ここでBayStarsは投手交代。武藤に代えて砂田毅樹をマウンドへ。迎えるバッターは4番・村上宗隆。3ボールからの4球目、低めのストレートを打ったが打球はファーストゴロ。ファースト・ロペスが2塁へ送球するがワンバウンドとなり、ゲッツーならず。その間に3塁ランナー・山崎が生還しSwallowsが2点目を挙げる。【横0-2ヤ】

その後、4回から7回までSwallowsは3者凡退が続く。一方、歳内はランナーを出しながらも、要所を締め6回までBayStars打線を無得点に抑える。

7回裏、BayStarsの攻撃。歳内は2アウトを簡単に取ったあと、バッターはロペス。2球目のフォークボールを上手く当てて打球は三遊間を抜けるレフト前ヒット。2アウトから出塁を許す。続く倉本には初球、外角低めのストレートを上手く拾い上げられてセンター前ヒット。2アウト1、2塁と久々のピンチを迎える。迎えるバッターはピッチャー・エスコバーに代わり山下幸輝。フルカウントから1球粘られた後の7球目。外角低めに投じたフォークボールを引っかけさせ、ボテボテのセカンドゴロ。山田哲人が軽快にさばいて3アウト。

歳内は7回を投げ83球、被安打5、奪三振4、与四球2、無失点で先発として文句なしの仕事を果たした。

9回裏、BayStarsの攻撃。Swallowsは守護神・石山泰稚がマウンドへ。1アウト後、4番・佐野恵太にストレートの四球を与える。続く宮﨑敏郎は3球で空振り三振に仕留める。今日も良い感じ?で球が荒れている。ロペスには1ボール1ストライクからの3球目、スライダーを打たれ、三遊間を抜けるレフト前ヒット。2アウト1、2塁。しかし、最後は倉本を2ボール2ストライクから、セカンドゴロに打ち取り試合終了。

Swallowsが0-2、見事完封リレーで勝利。歳内は5年振りの勝利投手となった上、先発投手としてはプロ(NPB)初勝利を挙げた。

試合感想

歳内は粘りの投球で、7回を除けばほぼ連打を許さず、ランナーを出しながらも要所を締めて勝利投手となった。7回で83球と、テンポ良く投げられたのが良かったのではないか。5年振りの勝利投手、そしてプロ入り後、NPBの先発投手としては初めての勝利、本当におめでとう。これからも、こういうピッチングを貫いて、遅咲きのプロ野球人生を全うしてもらいたい。

打線は、BayStarsの小刻みな継投に翻弄されたが、少ないチャンスをものにし、2得点のみで勝利。今後もこういう接戦をものにしていきたい。特に、下位打線が良い働きをしてくれると得点のチャンスがうんと拡がるので、頑張って欲しい。

歳内の素晴らしいピッチングで2カード連続勝ち越しとなった。明日からのCarp戦も期待したい。最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 10/02(金)
対戦カード Swallows VS Carp
対戦 16回戦
球場 明治神宮野球場
試合開始時間 18:00

予告先発

Carp 床田寛樹
Swallows 高梨裕稔


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。