【Swallows】ルーキ、独り相撲で痛いサヨナラ負け

4月14日(金) 対BayStars 4回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 3 7 0
BayStars 1 0 0 1 0 0 0 1 0 1X 4 9 0

勝:パットン(BayStars)2勝
負:ルーキ(Swallows)2敗
本:桑原1号①(BayStars)

BayStarsの先発はウィーランド、Swallowsの先発は石川。

初回、Swallowsは山田が死球を受け出塁するも、この日2番の雄平が遊ゴロでランナー入れ替わり1アウト1塁。3番・バレンティンが4-6-3のゲッツーでチェンジ。

一方、BayStarsは先頭の桑原がレフトへ先頭打者ホームランを放ち先制。先発・石川の出鼻をくじく。2アウト後、筒香にツーベースヒットを打たれるものの、5番・宮崎をセンターフライに打ち取り、1失点で抑える。

2回、3回と惜しいチャンスはあるものの、両軍得点なく迎えた4回表。Swallowsは先頭の山田が四球を選び出塁。1アウト後、バレンティンがヒットを放ち、畠山四球で1アウト満塁のチャンス。鵜久森は空振り三振に倒れたが、続く中村がレフトへタイムリーを放ち同点似追いつく!しかし、西浦がレフトフライに倒れ、この回は1点止まり。

するとその裏、BayStarsは1アウト後、宮崎が四球で出塁。田中浩康は空振り三振で2アウトとなったあと、戸柱がライトへの勝ち越しのタイムリーツーベースヒットを放ち、2-1。

5回、6回と特にチャンスはなく、7回表。Swallowは四球と犠打、内野ゴロで2アウト3塁のチャンス。ここでバッター・石川に代わり、代打・大松。BayStarsもウィーランドをあきらめ、砂田がマウンドへ。ここで大松は空振り三振に倒れ、得点のチャンスを逃す。

7回裏は杉浦がマウンドに上がり、簡単に3人で抑える。

8回の表、BayStarsは砂田から三上にスイッチ。先頭の山田がヒットで出塁。1アウト後、山田が2盗に成功し、3番・バレンティンが同点のタイムリーヒット!2-2に追い付く。しかし、畠山、鵜久森が倒れやはりこの回も1点止まり。

8回の裏、杉浦から石山にスイッチ。そしてセンターに上田が入り、雄平はライトへ。5番・センター上田。さて、石山は簡単に2アウトを取ったあと、ロペスにツーベースヒットを打たれる。4番・筒香は敬遠で歩かせ、2アウト1、2塁。2塁ランナーはロペスに代わって代走・山下。5番宮崎は1度もバットを振ることなく四球を選び2アウト満塁。ここで、三上に代わって代打・乙坂。乙坂はライト前タイムリーで1点を勝ち越し3-2。石山は悔やまれる追加点を許す。

9回の表、ピッチャーはハマの新守護神・山崎康晃。白崎がサードにつき、山下がレフト、宮崎はサードからファーストへと守備変更。完全にこの1点を守り切る作戦に出た。が、先頭の中村が四球で出塁。代走は比屋根。西浦がキッチリと送りバントを決め1アウト2塁。谷内がヒットを放ち1アウト1、3塁とすると、上田が同点となる犠牲フライを放つ。山田は倒れ、この回は同点止まり。

9回の裏、ピッチャーはルーキ、そしてキャッチャーは西田に変更。ルーキは2三振で3者ボンタンに抑え延長戦へ。

10回の表、ピッチャーは山崎からパットンへ。先頭の雄平が内野安打で出塁するもバレンティンは空振り三振、畠山が4-6-3のゲッツーでチャンスを潰す。

するとその裏、引き続きルーキがマウンドへ。先頭の関根がセーフティバントで出塁。山下は空振り三振に斬ってとり1アウト。しかし、バッター白崎のときに暴投とボークでランナーを3塁に進めてしまう。すると白崎はサードへのタイムリー内野安打を放ち、山下が返ってサヨナラ!最後はルーキの独り相撲で終わってしまった。

石川はこの試合もQSだし、杉浦はこのところ結果を出している。石山は失点したものの、それまではきちんと抑えていた。やはり、ルーキがピリッとしないのが敗因だろう。

打線は、バレンティンが3安打と当たりが出た。これが続けばそのうちホームランも量産されるだろう。ただ、4番・畠山と5番・鵜久森がこの日はノーヒットで、なかなか連打が出ないのが苦しいところ。打線が投手陣を助けてあげられる試合をしてあげて欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link