【F1:Rd.02】 第2戦 中国GP 予選

中国GPが開催される上海インターナショナルサーキットは、上空から見ると、上海の「上」の文字をかたどったような特徴的なコース。今年はこの1周5.451kmのコース上で、どんな熱い闘いが繰り広げられるのか。

予選開始直前の天候は曇り、気温21℃、路面温度32℃。風速は2.6m/s、湿度は66%となっており、ドライコンディションでの予選開始となる。

Q1セッションは18分間で行われ、ここで16~20位の5台が決定される。

序盤、SauberのAntonio Giovinazziが1:35.437のタイムをマークする。このタイムをWilliamsのLance Strollが塗り替える。McLaren、Red Bullはそれぞれまだコースインしていない。そして、全体のタイムが小刻みに入れ替わっていく。

HaasのRomain Grosjeanがスピン!タイヤバリアへの衝突は免れたものの、タイヤに大きなダメージを負ってしまう。そして、FerrariのSebastian Vettelが1:33.078のトップタイムをマークする。その後、Lewis Hamilton (Mercedes)、Kimi Raikkonen (Ferrari)、Valtteri Bottas (Mercedes)と、Ferrari勢とMercedes勢でトップタイムを争う状況。

終盤、タイムアタックをようやく開始したRed BullのMax Verstappenが、無線でエンジン音がおかしいと伝え、そのままタイムアタックすることなくピットロードへ。しかし、入り口において抜き打ちの車検を喰らう。タイムアタックができるかどうか微妙な状況に。

そして最後にGiovinazziがホームストレート立ち上がりでスピンしクラッシュ!この影響で、その後やってくるマシンは減速を余儀なくされタイムが伸びず、そのままQ1が終了。

Q1での脱落は以下の5台となった。

Pos. Name Team Time
16 Stoffel Vandoorne McLaren 1:35.023
17 Romain Grosjean Haas 1:35.223
18 Jolyon Palmer Renault 1:35.279
19 Max Verstappen Red Bull 1:35.433
20 Esteban Ocon Force India 1:35.496

続いてQ2となるが、終盤のGiovinazziのクラッシュの影響が続き、開始時間が大幅に遅れた。Q2は15分間のタイムトライアルで、11位から15位までの5台を決定する。Q3進出をかけた熱い闘いが繰り広げられた。なお、Q1でクラッシュしたGiovinazziはマシンが大破し走行できないため、タイム無しとなる。

各車、最初のタイムアタックの結果、まずはVettelが1:32.391でトップタイムをマーク。続いて0.15秒差でHamilton、Bottas、Raikkonen、Daniel Ricciald (Red Bull)と続いた。Felipe Massa (Williams)、Lance Stroll (Williams)、Daniil Kvyat (Toro Rosso)、Carlos Sainz (Toro Rosso)、Sergio Perez (Force India)までがトップ10件圏内となっている。

Q2セッションも残り4分を切り、特に11以下のノックアウトゾーンにいる各車は懸命にタイムアタックを行っている。しかし、Fernando Alonso (McLaren)は13番手のタイムに終わり、Q3進出ならず。Q2での脱落は以下の通りとなる。

Pos. Name Team Time
11 Carlos Sainz Toro Rosso 1:34.150
12 Kevin Magnussen Haas 1:34.164
13 Fernando Alonso McLaren 1:34.372
14 Marcus Ericsson Sauber 1:35.046
15 Antonio Giovinazzi Sauber –:–

さて、最終Q3セッション。ここまで、上位争いはFerrari、MercedesにRed BullのRiccialdがからむ展開。このQ3セッションでは誰がポールポジションを奪取するのか。泣いても笑っても、12分間の闘いで順位が決定される。

まず、序盤はHamilton、Vettel、Bottas、Raikkonenといった順位で進む。暫定のポールタイムはHamiltonの1:31.902。

残り時間3分となり、より激しいタイム争いが繰り広げられるが、Nico Hulkenberg (Renault)はコース上には出ず、タイムアタックを終了した模様。残り9台でポールポジションが争われる。

Hamiltonがさらにタイムを縮め1:31.678とする。Bottasはこのタイムに届かず、VettelはBottasのタイムを僅か0.001秒上回っただけに留まった。この結果、Q3での結果は以下の通りとなった。

Pos. Name Team Time
1 Lewis Hamilton Mercedes 1:31.678
2 Sebastian Vettel Ferrari 1:31.864
3 Valtteri Bottas Mercedes 1:31.865
4 Kimi Raikkonen Ferrari 1:32.140
5 Daniel Ricciald Red Bull 1:33.033
6 Felipe Massa Williams 1:33.507
7 Nico Hulkenberg Renault 1:33.580
8 Sergio Perez Force India 1:33.706
9 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:33.719
10 Lance Stroll Williams 1:34.220

これで予選終了。Lewis Hamiltonが通算63回目のポールポジション獲得となった。

スポンサーリンク
Sponsored Link