【燕】山崎、殊勲の2点適時打!村上セ界トップ18打点!

試合結果

07月09日(木) 対Dragons 6回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 2 0 2 0 0 0 4 8 10 0
Dragons 0 0 0 1 1 1 0 2 1 6 10 0
勝投手 マクガフ (1勝0敗)
敗投手 岡田俊哉 (0勝2敗3S)
セーブ 石山泰稚 (1勝1敗3S)
Dragons ビシエド6号(ソロ) (6回:星)

【試合概要】

Swallowsの先発は今季初登板の左腕・高橋奎二。対するDragonsは前回登板でプロ初勝利を挙げたルーキー・岡野祐一郎。両先発の投げ合いで試合開始。

先手を取ったのはSwallows。1番・坂口智隆、2番・山田哲人が連続四球で出塁すると、3番・山崎晃大朗が右翼線への適時2塁打で1点を先制。さらに無死2、3塁で4番・村上宗隆の1塁ゴロの間に3塁走者が還りSwallowsが2点を先制する。

4回裏、Dragonsは二死走者なしから4番・ビシエドが中堅手右へ、5番・高橋周平右翼線へ、連続の2塁打で1点を返し1-2とする。

5回表、この回先頭の坂口が中前安打で出塁すると、続く山田が中堅フェンスに直接当たる3塁打で1点を追加。1-3とする。ここでDragonsの先発・岡野がマウンドを降り、2番手・三ツ間卓也が登板。1死後、4番・村上の当たりは1塁ゴロ。ビシエドが捕ってそのまま1塁ベースを踏んだが、3塁走者の山田が還り1-4。このプレーを巡って高津監督がリクエストをかけた(ファウルではないか、と言うこと)が、判定変わらず。

5回裏、1死から四球と安打で1、3塁とする。トップに返って大島洋平は左前適時打で1点を返し2-4とする。

さらに6回裏。この回からSwallowsは2番手・星知弥がマウンドに上がる。その星はこの回先頭のビシエドに右中間席に運ばれる第6号ソロ本塁打を浴び、1点を失う。Dragonsがじわじわと追い上げ3-4となる。

8回裏、この回からマクガフがマウンドに上がる。今季は開幕から調子が上がらないマクガフだが、この日も先頭の福田永将に2塁打を打たれると、1死後、四球を与えて1死1、2塁。ここでこの日途中からマスクを被るA.マルティネスが初球を中前安打で2塁走者が還り4-4の同点に追い付く。ここで高橋奎二の勝ち星が消えた。2死後、代打・井領雅貴に四球を与えて満塁とすると、途中出場の遠藤一星にも押し出しの四球を与え、4-5と逆転を許してしまう。この日もマクガフは2失点と不安定な状態は続く。

9回表、Dragonsは守護神・岡田俊哉がマウンドへ。しかし、代打・青木宣親が右翼フェンス直撃の2塁打を放ち、無死2塁。トップに返って坂口も四球を選び無死1、2塁。続く山田には申告敬遠で無死満塁とすると、3番・山崎が左前適時打で2点追加!6-5と逆転に成功する。さらに無死1、2塁とチャンスは続き、4番・村上。村上は岡田の変化球を逆らわずに左中間に打ち返す2点適時2塁打で8-5。村上はこれで打点18と、セ・リーグのトップに立った。

9回裏は守護神・石山泰稚がマウンドへ。犠牲フライで1点を失ったものの、後続を断って8-6で勝利。

3番・山崎が3打点、4番・村上が4打点と、この2人の活躍が目立った試合だった。しかし、中継ぎ陣。特に、マクガフと石山は今ひとつ調子に乗れてない。1点差の試合ではちょっとこの内容では使えない。しばらくは高津監督はこの2人と心中するようだが、配置転換も考慮に入れておく必要はあるだろう。

ともあれビジターで2勝1分と幸先の良いスタートを切れたので、結果的に良しとしたい。観戦された皆さま、お疲れ様でした。

【次試合の予定】

7/10(金) Giants vs Swallows 4回戦
ほっともっとフィールド神戸 18:00試合開始

予告先発

Giants 戸郷翔征
Swallows 石川雅規

 


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。