【燕】代役の久保、2回4失点で打線の援護もなく4連敗 (10/06)

試合結果

10月06日(火) 対Dragons 19回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
Dragons 0 4 0 0 0 0 0 0 X 4 9 0
勝投手 勝野昌慶 (3勝4敗0S)
敗投手 久保拓眞 (0勝1敗0S)

【試合概要】

ゲーム展開

Dragonsの先発はここまで8試合に先発して2勝4敗、2勝はいずれもSwallows戦で上げている「Swallowsキラー」勝野昌慶。今日の試合にも勝って3勝目を挙げることが出来るか。対するSwallowsの先発は、当初予定していた小川泰弘が発熱のため先発回避、代役として先日1軍昇格したばかりの2年目左腕・久保拓眞。昇格した日は2回を無失点に抑えたが、先発としてはどうか。貴重な左腕だけに、先発として投げられることをアピールしたい。両先発で試合開始。

この日のSwallowsは小川の検査結果が出るまで、念のため山田哲人、西浦直亨、石山泰稚がベンチ外、青木宣親もスタメンを外れた。

初回は両チーム、ランナーを出すものの無得点に終わる。

2回表、Swallowsの攻撃。2アウトからエスコバーが外角高めのストレートを打ち、ライト線を破る長打コース。ライト・シエラがフェンスへのクッションボールの対応にもたついている間にエスコバーは3塁へ到達。スリーベースヒットでチャンスを作る。続く田代将太郞は四球で出塁し、ピッチャー・久保拓眞が打席へ。2球目、田代が2盗を試みる。セカンド手前で止まり、挟まれている間にエスコバーがホームを狙うがセカンド・阿部から良い送球が返ってきてエスコバーはタッチアウト。ダブルスティール失敗で無得点に終わる。

2回裏、Dragonsの攻撃。この回先頭の高橋周平が5球目、高めのストレートをセンター前に弾き返され、ノーアウト1塁。続く6番・シエラは3ボール1ストライクからの5球目、甘く入ったシュートを打たれ、左中間を破るツーベースヒット。1塁ランナーの高橋周平が一気に生還、Dragonsが1点を先制する。7番・阿部寿樹。2ボール1ストライクからの4球目、外角低めのツーシームを上手くライト前に運ばれ、シエラが2塁から生還。Dragonsが2点目を挙げる。さらに8番・木下拓哉が2ボール1ストライクからの4球目、外角のシュートをライト方向へ大きな当たりを打たれ、フェンス直撃のツーベースヒット。ノーアウト2、3塁とチャンスを拡げる。続くピッチャーの勝野を3球で見逃し三振に打ち取り、ようやく1アウト。打順はトップに返って大島洋平。フルカウントからの7球目、真ん中に入ったスライダーを軽々とライトに打ち上げられ、これが犠牲フライとなって3点目を失う。2アウト2塁となって2番・京田陽太。1ストライクからの2球目、外角低めのスライダーを1、2塁間へ打たれるが、ファースト・坂口智隆が追い付き、ベースカバーの久保へトス。しかし、ファーストの判定はセーフ。その間に2塁ランナー・京田にも生還され4点目を追加される。高津監督がすかさずリクエストを要求する。リプレイを見る限り、ファーストベースカバーは久保の足がベースに届いていないようだ。タイミングはアウトだが。ホームベースでのクロスプレーは西田明央が追いタッチをしているようで、こちらはセーフに見える。審議の結果、結果は変わらずホームはセーフ。3番・アルモンテをセンターフライに打ち取り、ようやく2回の裏を終了。【中4-0ヤ】

5回裏、Dragonsの攻撃。Swallowsはこの回から3人目の寺島成輝が登板。しかし、先頭打者の京田に外角高めのストレートを逆方向に弾き返され、サード強襲のレフト前ヒットで出塁される。続くアルモンテには初球の膝元のストレートをセンター前に転がされ、ノーアウト1、3塁のピンチ。しかし、続く4番・ビシエドには初球、内角のカットボールを打たせてサードゴロ。3塁ランナーの京田が挟まれる。その間にアルモンテが3塁まで来ようとしたところをエスコバーがアルモンテをタッチアウト。そのままホームに送球し、京田もタッチアウト。このプレーで与田監督がリクエストを要求。リプレイを見る限りでは手がホームに触る前にヘルメットにタッチしているように見える。審議の結果、ホームタッチアウトの判定は変わらず。2アウト2塁となって、続く高橋をファーストライナーに打ち取り、この回のピンチを無失点で切り抜ける。

8回表、Swallowsの攻撃。ここまで勝野にわずか3安打に抑えられていたが、1アウト後、エスコバーが1ボール1ストライクからの3球目、内角高めのストレートを打ち、詰まった当たりがレフト前ヒット。1アウト1塁。7回裏に4人目のピッチャーとして登板した長谷川宙輝に代打・山崎晃大朗が起用されるが、ショートゴロに倒れ2アウト1塁。ランナーは入れ替わる。続いて途中からレフトの守備に入っている廣岡大志が初球、外角のストレートを打ちセカンドの左を破るセンターへのツーベースヒットで2アウト2、3塁のチャンスを作る。ここでようやく先発・勝野をマウンドから降ろし、2番手に祖父江大輔が登板。バッターはトップに返って濱田太貴。しかし、2球目の外角低めのスライダーを引っかけてショート正面のゴロで3アウト。今日2度目のチャンスを活かすことが出来ない。

9回表、Swallows最後の攻撃。マウンドには抑えのR.マルティネス。Swallows打線は2番からの攻撃だったが、マルティネスの前に全く歯が立たず3者凡退で試合終了。

4-0でSwallowsは完封負けを喫し、4連敗。ナゴヤドームでは引き分け1つを挟んで6連敗、Dragons戦も5勝12敗2分と大きく負け越すこととなった。

試合感想

小川の体調不良により急遽先発した久保拓眞だったが、2回はことごとく球が甘いコースに行き、変化球のキレもなく、ちょっと今後先発で起用するには難しい内容だった。2回で53球も投げていては、5回ももたない。1回限定の中継ぎ起用となるだろう。

代わりにこの日、1軍昇格した今野龍太は久保の後をしっかりと投げて2回無失点。ビシエドや大島らから、奪三振4は立派。是非、自信を持って今後も力強く投げて欲しい。

長谷川宙輝もこの日は7回を1番から3番まで、3者連続三振で抑えた。良いときの長谷川はこういうピッチングが出来るので、あとは安定感と自信をつけてくれれば、良いセットアッパーになるだろう。

問題は打線。ダブルスティール失敗は仕方ないにしても、8回表、2アウト2、3塁で外角の球を引っかけた濱田太貴は、アウトになるにしてもライト方向を狙うなど、ケースバッティングをする必要がある。簡単にスライダーを引っかけているようじゃ1軍ではまだまだ活躍するのは難しい。

青木宣親、山田哲人がいないと全体的に寂しい打線になるのは、選手層が薄いからだが、村上宗隆だけ何とかすれば点は取られない、と完全に舐められていたようだ。エスコバーも長打は期待できない。

明日は大野雄大相手なので、如何に先に失点しないかどうか。石川雅規が前回のような投球ができれば良いのだが。

最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 10/07(水)
対戦カード Dragons VS Swallows
対戦 20回戦
球場 ナゴヤドーム
試合開始時間 18:00

予告先発

Swallows 石川雅規
Dragons 大野雄大


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。