【燕】原樹理も3回もたずKO!4被弾で5位転落! (08/19)

試合結果

08月19日(水) 対Dragons 11回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Dragons 2 2 2 0 0 1 2 2 0 11 12 0
Swallows 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 6 2
勝投手 福谷浩司 (1勝1敗0S)
敗投手 原樹理 (1勝2敗0S)
Dragons アルモンテ3号(2ラン) (1回:原)
Dragons ビシエド11号(ソロ) (3回:原)
Dragons 阿部寿樹7号(ソロ) (3回:原)
Dragons ビシエド12号(2ラン) (7回:中澤)

【試合概要】

ゲーム展開

Swallowsの先発は、前回登板で2回5失点で降板、敗戦投手となった原樹理。今試合は雪辱を果たしたいところ。Dragonsの先発は福谷浩司。3試合に先発し、1勝1敗ながら防御率2.16と安定感のある投球をしている。両先発で試合開始。

まず初回、先頭打者の大島洋平が粘ってフルカウントからの9球目をセンター前に運びまず出塁。続く2番・アルモンテに投じた2球目、外角のスライダーが高く浮いたところをレフト方向へ強振。これがレフトポール直撃の2ランホームランとなり、まずDragonsがあっという間に2点を先制。

2回表、先頭の京田陽太に死球を与えると、続く郡司裕也の当たりはファーストゴロ。これを村上宗隆が焦ったか、2塁へ悪送球。さらにこぼれたボールをレフト・濱田太貴がサードへ悪送球。その間に京田陽太がホームを陥れ、1点を追加する。ピッチャー・福谷が送りバントで1アウト3塁とすると、打順はトップに返って大島。大島はキッチリとセンターへ犠牲フライを放ち、この回も2点を追加する。

3回表、1死後に4番・ビシエドを迎える。3球目、内角高めのシュートをジャストミート!これがレフトスタンドに入りDragonsがさらに1点を追加。5番・高橋周平をセンターフライに打ち取り、2死としたが、6番・阿部寿樹に緩いスライダーをセンターバックスクリーンまで運ばれ、これで6点目を奪われる。原樹理はこのあと、京田、郡司に連続四球を与えたところで降板。2回2/3を56球、被安打5、被本塁打3、奪三振1、与四球2、失点6(自責点4)という、惨憺たる結果だった。

その後、2番手に風張蓮が登板。5回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチングで、少しでも味方の攻撃にリズムを与えようと奮闘する。

すると5回裏、2アウト1塁として8番・西田明央。西田の当たりはライトの左側を抜けるツーベースヒットとなり、1塁ランナーのエスコバーが還ってようやく1点を返す。

しかし、6回表。この回から3人目の中澤雅人が登板。2アウト3塁の場面で、打順はトップに返って大島。大島は中澤の5球目、3ボール1ストライクからの内角のシュートを打ち上げ、これがフラフラッとサード、ショート、レフトの間に落ちるツーベースヒット。これでさらに1点を追加、1-7と一方的な試合に。

6回裏、この回先頭の坂口智隆が右中間へのツーベースヒットで出塁。山崎晃大朗のボテボテのピッチャーゴロの間に坂口は3塁へ。3番・山田哲人のサードゴロの間に坂口が還り1点を返す。2-7。

7回表、6回に引き続き中澤がマウンドへ。先頭打者の福田永将が初球のシュートをレフト前に運び、ノーアウトランナー1塁。続く打者は4番・ビシエド。今日は1本、ソロホームランを放っている。そのビシエドに対して追い込んでからの4球目、膝元へのスライダーを強振!これがレフトポール直撃の2ランホームラン!さらに2点を追加し2-9となる。

8回表、この回は4人目の今野龍太が登板。しかし、先頭打者の代打・武田健吾に四球を与えてしまう。その後、大島、アルモンテを打ち取って2アウトを取ったものの、ワイルドピッチもありランナーは3塁へ。そして3番・福田永将に投じた6球目、やや真ん中寄りの外角ストレートを逆らわず右方向に弾き返され、これが右中間を破るツーベースヒット。これでDragonsは10点目。さらに4番・ビシエドは5球目のカットボールが高めに浮いたところをライト線を破るツーベースヒットでさらに1点追加。2-11。

9回表、Dragonsは3人目の木下雄介がマウンドへ。先頭の代打・川端慎吾に四球を与えるものの、後続を3人でピシャリと締め試合終了。2-11でDragonsが今季最多得点で連勝。Swallowsは2試合連続で投壊となった。

試合感想

昨日の高橋奎二もそうだが、先発陣が少なくとも5回は投げてくれないと試合にならない。高津監督もさぞご立腹であろう。そして、5回を投げられない理由としては、①ボール先行、②決め球が甘い、③単調な配球、この3つがあげられる。

このうち、①と②は投手の責任であるから、きちんと狙ったところに投げられるよう、腕の振りを確認するなど、日頃からチェックする事が重要。

③に関しては、正捕手不在の中、よく頑張っては来たが、そろそろ他球団のスコアラーにクセを見抜かれていると見ていい。特に西田の配球は素人目に見ても分かりやすいので、完全に狙われていると言って良いだろう。かといって古賀も井野も経験が不足しており、それ以前の状態だ。衣川バッテリーコーチあたりとよく相談した方が良いだろう。

そして、ずっと湿りっぱなしの打線。上位打線を少しずつ入れ替えてはいるものの、その効果は出ていない。1.坂口、2.山田、3.青木、4.村上、5.山崎、6.西浦、7.エスコバーで固定できれば良いのだが・・・上手くいかないものだ。

各ポジションの控え選手との差が大きいことも問題だ。今日の濱田の悪送球は外野手としては考えられないものなので、実戦経験不足から来ていると思われるから、空いた時間で内野への返送の練習をきちんとしておいた方が良いだろう。

とは言え、序盤で大差をつけられてしまっては打つ方も白けてしまうのは、分からないでもないので、やはり先発陣の立て直し、そして試合を終わらせない中継ぎ陣の整備が急務だろう。高津監督の頭痛の種は尽きない。

一方的な試合で大変つまらなかったと思うが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

08/20(木) Swallows VS Dragons 12回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Dragons 柳裕也
Swallows 高梨裕稔


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。