【燕】先発・高梨3回もたず6失点で惨敗

試合結果

07月26日(日) 対Giants 8回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 5 0 1 2 0 1 0 0 0 9 14 0
Swallows 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4 6 0
勝投手 桜井俊貴 (2勝1敗0S)
敗投手 高梨裕稔 (1勝2敗0S)
Giants 吉川尚輝6号(2ラン) (1回:高梨)
Swallows 坂口智隆2号(ソロ) (1回:桜井)
Giants 岡本和真11号(ソロ) (3回:高梨)
Giants 坂本勇人4号(2ラン) (4回:寺島成輝)
Giants 亀井善行2号(ソロ) (6回:星)
Swallows 西田明央3号(ソロ) (8回:桜井)

【試合概要】

試合の流れ

Swallows先発は前回のGiants戦での登板時に、5回2失点で勝利投手となった高梨裕稔。一方のGiantsはその試合、Swallows相手に4回2/3で3失点で敗戦投手となった桜井俊貴。再び両投手の投げ合いという形で試合は始まった。

初回。この回でほぼ試合は決まったといっても良かった。Giantsは先頭打者の亀井善行が三塁への内野安打で出塁すると、2番・坂本勇人の当たりも遊撃内野安打で無死1、2塁。すると3番・丸佳浩に左中間方向に運ばれる適時2塁打を打たれ、まず1点を先制されると、続く4番・岡本和真に左前に運ばれ2点目を献上。1、3塁となって5番・大城卓三は中犠飛を放ち3点目。6番・ウィーラーが中堅方向への2塁打を放ち、1塁走者岡本が本塁を狙うがこれは捕手・古賀優大が刺殺。2死2塁となったあと7番・吉川尚輝への初球が左翼席に運ばれ、この回計5点を献上した。高梨は早いカウントから甘い球をことごとく打たれ、早くも5失点。

その裏のSwallowsは1番・坂口智隆が初球の内角直球を振り抜き、右翼席に放り込む先頭打者本塁打で1点を返す。坂口は野球人生で初めての初球先頭打者本塁打を放った。その後、2番・山田哲人が中前安打、3番・青木宣親、4番・村上宗隆が連続四球で無死満塁と好機を作ると、続く山崎晃大朗の二ゴロの間にさらに1点を追加。だが、6番・エスコバーは6-4-3の併殺打に倒れ、好機を活かすことは出来なかった。

2回表は3者凡退に抑えた高梨だったが、3回表、1死後に4番・岡本和真に手痛い一発を浴びる。これで2-6。続く大城を空振り三振に斬って取ったが、ウィーラーに四球を与えたところで降板。2回2/3、45球、被安打7、被本塁打2、奪三振3、与四球1、失点6(自責点6)という内容であった。後続は寺島成輝が登板、いきなり安打を打たれるが炭谷銀仁朗を空振り三振にとりこの回は1失点で抑えた。

4回表、寺島が続投。先頭の投手・桜井に四球を与えると、1死後に2番・坂本に右翼席への2点本塁打を浴びる。これで2-8。さらに丸にも2塁打を打たれるが、岡本、大城を打ち取ってこの回を終える。

5回表も寺島続投。ウィーラー、吉川を抑え、炭谷に安打を許すものの桜井を捕ゴロに打ち取る。

6回表、この回から3人目の星知弥が登板。この回先頭の亀井善行に7球粘られたあとの8球目の直球を振り抜かれ、打球は右翼席へ。これで2-9。続く坂本に安打を打たれるが、丸を三直、岡本を中飛、大城を空振り三振にとり、後続を断った。星は7回表も登板、丸に2塁打を打たれるが無失点に抑えている。

8回裏、Swallowsに久しぶりに得点機が訪れる。8回表からマスクを被った西田明央が、3球目に真ん中に入ったカットボールを左翼席ポール際に運び、1点を返す。その後、坂口が中前安打で出塁するが、2番・山田は三ゴロ、3番・青木は捕邪飛で2死1塁。ここで4番・村上が右中間への2塁打を放ち、1塁走者が還り4-9とする。桜井はここで降板。

9回裏、3番手の田中豊樹に対して簡単に2死を取られると、代打・上田剛史の打球は中堅への飛球。これを途中出場の松原聖弥がしっかりと捕球し試合終了。4-9でSwallowsは惨敗を喫した。

感想

とにかく初回の高梨の投球に尽きる、といった所。早いカウントで甘く入った球をことごとく狙い撃ちされており、投球に工夫が必要か。中継ぎ陣の投球過多を防ぎたい高津監督は、「リリーフのことを考えると1人でも、1イニングでも、1球でも投げてほしかったけど、僕の我慢もあそこまでだった」と述べたように、先発としての役割をきちんと果たしてくれた投手が、この1週間は小川だけだったように思う。やはり最低限、6回を3失点程度までに抑えて投げきって欲しい。あとを継いだ寺島、星も共に一発を浴びており、嶋の骨折による離脱の影響は深刻だ。そしてここに来て中村悠平不在の影響を大きく出ているように思う。

攻撃面では、何だかんだで4点は奪っているので、投手陣さえきちんと押さえてくれていれば、と。不調の山田哲人や雄平が登録抹消を囁かれているが、代わりの選手が活躍してくれることを祈る。また、村上宗隆は本塁打こそ少ないものの、打点はしっかり挙げているので4番としては充分に合格だろう。この日もしっかり1打点を挙げている。ただ、チーム全体としては安打数が少ないので、チーム打率としては低いのだが、効率よく点を取っているのでチーム総得点はリーグ2位と、検討している。

この3連戦、1勝1敗1分けに終わったが、つくづく初戦の引き分けがもったいなかったと思う。今日は散々な試合でしたが、観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

07/28(火) Swallows VS Tigers 7回戦
明治神宮野球場 18:00試合開始

予告先発

Tigers秋山拓巳
Swallowsイノーア


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link