【Swallows】床田の前になすすべ無く完封負け

試合結果

04月27日(土) 対Carp 4回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 7 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
勝投手 床田 (4勝1敗)
敗投手 小川 (0勝3敗)
セーブ 中崎 (1勝2敗3S)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Carp 4回戦(明治神宮野球場)

Swallowsの先発は今季まだ勝ち星のない小川泰弘、Carpの先発は今季既に3勝の3年目・床田寛樹。

両先発の投げ合いにより、5回までは両軍共に2塁までしかランナーを進めることが出来ない。先制のチャンスはあったが、いずれも投手が打者となる場面だったり、2アウトから2塁にランナーが進んだ場面だったりで、このチャンスを両軍とも活かすことが出来なかった。

しかし6回表、Carpは2アウトから菊池涼介がサードへの内野安打で出塁すると、今季Carpへ丸の人的補償として移籍した長野がライトへのタイムリー2ベースヒットを放ち、Carpが1点を先制する。

その裏、Swallowsも2アウトから山田哲人のフェンス直撃の2ベースヒットと、バレンティン敬遠で1、2塁のチャンスを作るが、雄平がこの一打同点のチャンスに空振り三振を喫し、得点を奪うことが出来ない。

7回裏もSwallowsは2アウト1、2塁のチャンスに太田賢吾が空振り三振を喫し、どうしても得点が奪えない。

逆にCarpは9回表、ノーアウト満塁の絶好の追加点のチャンス。ここで西川龍馬は4-2-3のダブルプレーで2アウト2、3塁となり、チャンスが潰えたかに見えたが會澤翼がレフト前タイムリーヒットを放ち1点を追加、0-2とする。
9回裏、Swallowsは2アウト1、2塁と粘りを見せるが、最後は代打・荒木貴裕が空振り三振に終わりゲームセット。

小川は8回1失点(自責点1)のHQSと好投したが、打線の援護がなく3敗目。7回無失点に抑えた床田は4勝目を挙げた。

————

Carp・床田の前に再三の好機を作るもあと1本が出ず、好投する小川を援護することが出来なかった。4回裏にはセカンドランナーのバレンティンが牽制死するなど、攻撃面での大きなミスもあったが、この日はチャンスで床田の前にことごとく三振を喫した打線の問題だろう。

小川は長野に打たれたタイムリーが悔やまれる。次の打者がバティスタというのもあり、長野で勝負に行ったのだろうが、最悪四球でも良かった場面。長打だけは避けなければならない場面で、この1点が結局重くのしかかってしまった。ただ、投球内容は全体的に非常に良かったので、これを続けていれば勝ち星はすぐについてくるだろう。

試合としてはとても良かったので、勝ちたいところだったが、また明日。頑張れ、燕軍団。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link